2018年06月24日

エカテリンブルクゆかりの宝石

サッカー ワールドカップ予選。
日本は深夜 二戦目セネガルとエカテリンブルクで対戦します。
なんとか勝ってほしいものですね。

エカテリンブルク・・・1721年女帝エカテリーナ1世が建設した製鉄の町。

この町にゆかりの宝石があります。

RIMG3491.JPG


1853年頃 ウラル山脈 ニジニタギルで最初に発見された宝石。
次に山脈の南端 エカテリンブルク南方でも鉱床が発見されます。


RIMG3493.JPG


2005年10月 日独宝石研究所発行のパンフレットには、この宝石のいろんなエピソードが綴られています。
初代所長の冷静さと情熱が注がれた一冊。



貴重なこの宝石を、ホームページに掲載しました。
あわせてぜひご覧下さいませ。

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]


posted by ジーロンド at 11:21| Comment(0) | デマントイド・ガーネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: