2019年08月13日

赤いハリネズミ でのハプニング

クラシック音楽はいいですね。

同じ曲を何度聴いても、飽きないです。

私どもジーロンドのジュエリーもかくありたいもの。

_20190615_234504.jpg
ブラームス 交響曲第3番 ジョージ・セル指揮クリーブランド管弦楽団


もう40年も前から愛聴しているレコード♪
CDでも持ってます。

ジャケットの影絵 太っちょの主は、ブラームス(1833~1897)。
その足元には、ハリネズミが弾んでます。

19世紀 音楽の都ウィーンにあったカフェレストラン 「赤いハリネズミ」を表しています。

お店の常連だったブラームス。

yjimage (14).jpg


実はもうひとり このカフェレストランに足しげく通った音楽家がいました。

yjimage (15).jpg
アントン・ブルックナー(1824~1896)


音楽的に立場が違った二人でした(ブルックナーはワグナー派)。
店の利用時間をわざわざずらしてたそうです。


ところが、たったの一度だけ 偶然顔を合わせたふたり。

周囲のお客さんの勧めもあって、相席することに。

さて、どうなることやら・・・・・。


まわりのお客さんの証言では、会話はまったくはずまなかったそうです(笑)



ブルックナーの宇宙的で壮大な音楽も好き♪

DSC_0263.jpg


特に好きな指揮者 セルジウ・チェリビダッケを、お客様に描いて頂きました。

もちろん、店内に飾らせて頂いております。
Pleasure & Treasure

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]



posted by ジーロンド at 17:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: