2019年11月20日

奇跡って・・・ある

  
「今日は、自分が宇宙で生きていると真に感じた初めての日だ。

        
 私は、宇宙で生き、宇宙で働く人間になった。」


立花隆143059-DSC02925-bf413-thumbnail2 (1).jpg
立花 隆編「宇宙からの帰還」


イラン・ラモーンは、ユダヤ国家イスラエル初の宇宙飛行士。

彼が、宇宙滞在中に書いた日記の言葉です。

yjimage (24).jpg


スペースシャトルに乗ることになった彼。

それ以来、自分の部屋にこもりがちになり 家族も不審に思ったそうです。

憑(つ)かれたようにユダヤの歴史や文化の勉強に励みます。



そしてついに初めての宇宙へ飛び立ちます。

スペースシャトル船内から見る地球は、感動の絶景!

もちろん国境や宗教の違いなんて、存在しません。

ユダヤ人であることへのこだわりは、消え失せます。

最後に 地球との交信でリクエストした音楽は ジョン・レノン「イマジン」でした。




それから数時間後 彼の乗ったスペースシャトル コロンビア号は、帰還途中に爆発。

搭乗員7名は、彼を含めて全員死亡。


コロンビア号の残骸からは、なんとイラン・ラモーンの日記が見つかります。

焼け残っていたのです。

はじめに紹介した彼の言葉は、37ページの日記 最後の言葉。

奇跡って・・・あるんですね。


大阪メトロ なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]





posted by ジーロンド at 13:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: