2020年09月09日

アフターコロナにうってつけの宝石

カラーチェンジで知られる宝石 アレキサンドライト。



RIMG7814.JPG


大著「宝石学 GEMS」(ロバート・ウェブスター著・全国宝石学協会刊)の記述を見てみましょう。

「最良質のアレキサンドライトは、1830年に Sverdlovsk(Ekaterinburg)の北東のウラル山中 Takovaya川近くで最初に発見された。この石はサイズは小さく色は青緑色で、エメラルドやフェナカイトとともに雲母片岩中で見つかった。その後、ウラル山脈南方でもアレキサンドライトが発見された。アレキサンドライトの示す最も強い二色性の色は赤色と緑色で、これは旧ロシア帝国の旗であり、また この石が最初に発見された日が、皇帝アレクサンドルU世が成人になった日でもあることから、アレキサンドライトと命名された。」

近年 アレキサンドライトは、ブラジル、スリランカそしてタンザニア産が流通しています。

でも、まれに 本当にごくまれに ロシア産も見かけることも・・・。

RIMG6948.JPG


RIMG6949.JPG
ほかの産地のものと比べてカラット単価は高い


RIMG7813 (2).JPG


ジュエリーで装ってお出かけするのも もちろん楽しい♪

そしておウチの中でもリビング、キッチン、バスルーム、玄関先など照明でそれぞれのカラーチェンジがお楽しみ頂けます。

アフターコロナの時代 さらに人気が出そうな宝石ですね


大阪メトロ なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 12:00| Comment(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: