2017年06月10日

カリブ海生まれの天然真珠

中米 カリブ海流域に生息する巻貝 コンク貝。

その貝から、極めて稀に天然真珠が見つかります。 
2014_0123_193901-DSC04142.JPG


天然なので、さすがにいびつ。

でも火が燃え立つような模様が見えますよね。

一般に、火焔模様と呼んでいます。

この真珠は、珍しく真珠層を持っていないのです。


一方、同じ色素を持つ母貝も、もちろん同じようなピンク色。

そこで現地では、母貝をカット成形してコンクパールのイミテーションを作ってる悪質な業者も居るとか💦

このイミテーションだと、退色しやすいという欠点も持ち合わせています。


では、大事な見分け方を・・・。

そう、火焔模様の有無です。

もちろん火炎模様が確認できれば、本物のコンクパールです


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp

posted by ジーロンド at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

カラーストーン・ジュエリーのススメ

ルビー、ブルーサファイア、パパラチャサファイア・・・。

2014_0426_150040-DSC05168.JPG


アレキサンドライトなんかも・・・。

2014_0426_143523-DSC05153.JPG


そうそう、デマントイドガーネットやパライバトルマリンを選ばれた方もありました。

2013_0419_104004-DSC00876.JPG


2013_0705_192743-DSC01694.JPG


誰が、何に選んだかって?
そう、お若いカップルさんが、エンゲージリングにです

それぞれのカップルさんに、それぞれのストーリーがあるはず。
だったら皆が皆 丸〜いダイヤモンドでなくてもいいかも?

英国王室 ウィリアム王子とキャサリン妃のエンゲージリングが、ブルーサファイアって事は皆さんもご存じ。

エンゲージやアニバーサリー そんな晴れの場を、あなたもカラーストーンで彩ってみませんか?

お客様方の喜びの声を、コチラのページにてぜひご覧ください

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

かなり珍しい色の「日本の国石」

美味しそうな飴玉かも?

2017_0531_131934-RIMG1762.JPG


いえ、昨年 「日本の国石」に決まったあの石です。

2017_0531_131642-RIMG1760.JPG


こんな色は、私たち業界人でもめったと見る機会がありません。

さらに詳しくは、コチラのページでどうぞ

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

なんと!100万分の1の出現率

今日のブログは、ダイヤモンドについての話題。

2017_0406_123904-RIMG1212.JPG


ダイヤモンドは、実は4つのタイプに分かれています。

愛蔵の「宝石宝飾大辞典」(近山晶著 近山晶宝石研究所発行)から転載しましょう。

2017_0409_125044-RIMG1227.JPG


Ta,TbとUa,Ubの4種類。

天然ダイヤモンドの99.9%が、Taタイプです。

逆に、1/100万ともっとも出現率の低いのが、Ubタイプ。

コレなんです♪

2016_1122_102716-RIMG0447.JPG


いかがです?
凛として、格好いいでしょう?

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

数奇な運命をたどった名品パール・ジュエリー”矢車”

鳥羽にあるミキモト真珠島へは、昔 修学旅行でも行きました。

2015_0521_110105-DSC08037.JPG


御木本幸吉翁の銅像前で、クラスの集合写真を撮った覚えがあります📷


さて、島内には、ジュエラーたる今 必見のスポットが開設されています。

アンテイーク・ジュエリーを多く展示している真珠博物館です。


数ある展示品の中で、最も有名なジュエリーがコレ。

2015_0521_114008-DSC08085.JPG


2015_0521_114021-DSC08086.JPG


「矢車(やぐるま)」と呼ばれてるジュエリー。

「近代生活における芸術と技術」をテーマに開催された1937年のパリ万国博覧会のために製作されました。

帯留め、ブローチ、リング等々 パーツの組み合わせで、計12通りの使用法があるんです。

当時のミキモトの優れた細工職人の技術の粋が、結晶した見事な作品。

そんな名品が、実は万国博直後から、長らく行方不明になっていました。

そして、50年以上経った1989年4月 ニューヨークのオークションに忽然と姿を現し、ミキモトが落札します。

その数奇な運命は、当時のジュエリー雑誌でも話題になったものです。

2015_0521_114032-DSC08087.JPG


江戸から続く飾り職人の高い技術が応用され、これを見るだけでも訪問する価値あり。

現代での技術では、もはや製作できないんだそうです。

ところで、私どもがご提供するジュエリーは、博物館に入って欲しいとは思っておりません。
 
なぜかって?
 
受け継いだ方にも、喜んでお使い頂いてこそのジュエリーだと考えておりますので。




地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

ラベル:真珠博物館 矢車
posted by ジーロンド at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

オーダーとリフォームのチャンス到来!!

今週は、プラチナ価格1グラム 3,800円を割り込みましたね。



という事は、オーダージュエリーはもちろん、ジュエリー・リフォームのチャンスでもあります!!

2013_1224_133713-DSC03848.JPG>


着物を着る機会が減った今、さすがに立て爪は使う機会がないそう・・・。

リフォームで持ち込まれる方の大半は、コレです。

2017_0311_110954-RIMG0925.JPG


シンプル系のデザインをお選びになる方もいらっしゃいます。

あるいは、ゴージャス系をお選びになる方も♪

2016_1008_114136-RIMG0149.JPG



いずれも、リフォーム後は中々の変身ぶり。
お客様はもちろん、ダイヤモンドも嬉しそう

まさに、新しい生命が吹き込まれた感があります

プラチナ価格下落中の今、あなたにもリフォームのチャンス到来!

リフォーム価格は、オーダージュエリーのページ。
「出来上がり価格 ー ルース代金」として、ご参考に。

この機会に、あなたもジーロンドへ さあお急ぎ下さいませ

2016_1007_124728-RIMG0146.JPG


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

カラーストーン・ジュエリーの魅力

近所のジュエリー店やブランドを覗いてみると、ダイヤモンド製品ばかり並んでいるのが目に付きます。

「一番高い宝石」と思われてるダイヤモンドが、た〜くさんあるって、ちょっと不思議な気がしないでもありません。


本当は、ルビー、サファイア、エメラルドなどカラーストーンの方が、産地も限られるし、採れる量もずっと少ないのです。

一昨年2月に初来日したイギリスのウィリアム王子が、2011年のロイヤル・ウェディングで、キャサリン妃に贈ったのがブルーサファイアでしたよね。

シャーロット王女PK2015050502100069_size0.jpg


伝統と格式のあるイギリス王室でさえカラーストーンなのです。
日本の皇室も、イギリス王室との縁がもっとも深い。
なので、私たちのアニバーサリーやエンゲージのジュエリーも、カラーストーンの方がむしろおススメ。

ひとつひとつに色の濃淡、テリ、形状に個性があるので、全く同じ石には出会いません。
それぞれが、まさにオンリーワンのジュエリーになるのです。

あなたも、当店でそんなジュエリー体験をしてみませんか?

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

輝きの強い丸〜いあの宝石

美しい宝石です
パッと見は、強い輝きの丸〜い宝石 ダイヤモンドにソックリ。

2015_0208_102745-DSC07502-thumb-240x240-433.jpg


炭素から成るダイヤモンド。
それに対して、この宝石は酸化ジルコニウムとケイ酸から成ります。

ん?一部 名前のカブるキュービック・ジルコニアかも?
でも、キュービック・ジルコニアにはケイ酸は含まれず、酸化ジルコニウムのみ。

さて、その正体は???

ジュエリー写真を追加したコチラのページをご覧下さいませ

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

フランス人が天災に遭ったら持ち出すもの

ある人から伺ったことがあります。


粋なライフスタイルで知られるフランス人。

彼らが、もし天災に遭ったら、真っ先に持ち出すものが三つあるんだそうです。

まずは、生活のための「水」。

次が、身だしなみのための「石鹸」。

そして三つ目が・・・・。

2016_0430_102937-DSC09601.JPG


「宝石」なんだそうです


なるほど、わかるような気がしますね

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

困った!指輪が抜けない!

お気に入りの指輪を、ずっと嵌めたままにしている方がいらっしゃいます。

指のサイズが大きくなると、抜けなくなって、たいへん困ります。

そんな場合 やむなくリングカッターで、切断します。

t02200124_0800045013619334222.jpg


当店にも常備しております。

遠方の方や緊急を要する方は、お近くの消防署へ行きましょう。
リングカッターが常備されていますよ。

この指輪も、消防署で切断した物でした。

t02200164_0428032013619332371.jpg


メッキアクセサリーは無理ですが、18金やプラチナなど貴金属だと復旧は可能です。

でもこの指輪 18金とはいえ外国製。
しかも太い腕のデリケートなエナメル・リング。
4〜5サイズアップは、正直 難しいと思っていました。

t02200164_0428032013619332370.jpg


信頼している職人さんが、見事に期待に応えてくれました

もちろん、お客様も大喜びでしたよ

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

無色トルマリンと毛糸洗い

あらゆる宝石の中でも、様々なカラーバリエーションを誇るのが、トルマリンですね。

その中でも無色のって、まず目にする事はないと思います。 
2013_0330_131817-DSC00613.JPG
アクロアイト 


ギリシャ語接頭語 Achro-は、”無色”の意味。

そう、懐かしいテレビCM「毛糸洗いにアクロン♪」も同じ言葉が由来。

よ〜く意味が伝わるネーミングですよね

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp





posted by ジーロンド at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

知らない自分に出会えそうな予感

「私がお店で出合ったのは、カラーサファイアのネックレスでした。

2011_0606_141254-DSC04751.JPG


数種類のカラーのサファイアが組み合わされ、一見ゴージャスな雰囲気。

いつもシンプルな物ばかり選んできた私には無縁な気もしましたが、実際に着けてみると今までと違った自分になったようでした。

不思議ですが、これがカラーストーンの力なのかな?・・・・・」

続きとお気に入りのジュエリーの写真は、コチラのページをご覧下さいませ

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
ラベル:大阪 ジュエリー
posted by ジーロンド at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

明石焼き その意外なルーツとは・・・?

通称「明石焼き」です。 
2014_0524_225442-DSC05414.JPG
    

本場 兵庫県明石市では一般に、「玉子焼き」と言うんですってね。

ソースで頂く大阪のたこ焼きとは、原料は似ているものの違った味わいです。


ところで「明石焼き」のルーツって、意外ですが宝石と関係があるのです。

明治、大正、昭和戦前まで、この明石には「明石玉(あかしだま)」という特産品があったそうです。

宝石さんごの模造品で、かんざしとして国内で普及していました。

2014_0903_150233-DSC06413.JPG


その明石玉の製造過程で、原料を凝固させるのに必要だったのが、鶏卵の白身。

そして、使わない鶏卵の黄身を有効利用するために考案されたものが、この明石焼きなんだそうです。

それにしても、別々の白身と黄身でも、どちらも丸く成型されたのが面白いですね

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp

posted by ジーロンド at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

美しい春色宝石のジュエリー製作

とにかく美しいルースでした。

お客様は、まさに一目ぼれ

2015_0128_141632-DSC07414.JPG
マダガスカル産の美品


デザインは検討したいという事で、まずはルースのままでゲット!!

そう、一度 買い逃すと、もう1ピース同じの!って、出会えないのがカラーストーンです

日々 それを眺めながら、どんなデザインがいいのか考えるのもお客様は楽しかったそうです。


後日 再来店して下さいました。
その形状にジャストフィットするリング枠を、提案させて頂いたんです。

約3週間の納期を頂きます。


さて、何の宝石のどんなジュエリーになったのでしょう?

続きは、ホームページ 製作例をご覧下さいませ🎵

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

ヒヤシンスと呼ばれた宝石

ご近所さんからヒヤシンスの球根を頂きました。

2017_0302_111444-RIMG0912.JPG


少しずつですが、背が伸びてってるのがわかります。

これから先が楽しみです

さて、昔はヒヤシンスと呼ばれた宝石があります。

2016_0608_154633-CIMG0972_240x175.jpg

和名は、風信子石と言います。

追加掲載したコチラのページでも、どうぞご覧下さいませ

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

オーダージュエリーの楽しみ♪

ラウンド型の宝石ルースを並べてみました

2016_0713_121105-CIMG1187.JPG


ルース・ファンの方なら、どれが何の宝石かわかるかも?

ちなみに、ダイヤモンドも含まれています

キャスト枠からのセミオーダーの場合 ダイヤモンドのラウンド型のデザインが豊富です。

ごく一部をご紹介しますと・・・。

2016_0713_114928-CIMG1185.JPG


ダイヤモンドでももちろん美しいです
カラーストーンだと、メレダイヤモンドをデコレートすることをおススメします。
コントラストができて、いっそう効果的。

この組み合わせで、11石×3型 計33パターンのオリジナル・ジュエリーが生まれるのです。
しかもリーズナブル!

完成までが待ち遠しく、仕上がるとテンションハイ!

誰も見たことのないジュエリーになるのです!!

そんな製作例をコチラのページでぜひご覧下さい

「見たことのない宝石がいっぱい!」
地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

別名 ズルタナイトという宝石

上級ルースコレクター向けの希少宝石です。
写真のように太陽光下と白熱灯下で、少し変色する性質があります。

2015_0627_104433-DSC08288_240x179.JPG


2015_0627_105248-DSC08291_240x179.JPG


モース硬度は、6.5〜7。
アイクリーンな2ctアップは、鑑賞のし甲斐があります。

ズルタナイトという別名もあるこの宝石は、コチラのページでもご覧下さい


「見たことのない宝石がいっぱい!」


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

日本語になったラテン語  

〜ライト、〜ナイト等 宝石名、鉱物名は、ギリシャ語  lithos(リトス・石の意味)がそのルーツです。

版画のリトグラフなんてのもありますよね。

昔、文芸学問の中心が、ギリシャだった証しです。

そんな中でも、この3月の誕生石は例外で、ラテン語起源です。 

2017_0215_131128-RIMG0852.JPG 


「アクア」は水、「マリン」は海という意味。

さて、この「アクア」という言葉には注目っ!
インドのサンスクリット語を経由して、ずっと昔から何と日本語になっています。

御仏前に供える水の事、これを「閼伽(あか)」と言います。
ちょっと凄いでしょう。

中央アジア タジキスタン産のこのルース。
「アクア」という言葉も、この原石の上を通り過ぎてったのかも???

写真のルースを、コチラのページに追加掲載しました。
あわせて、ぜひご覧下さいませ

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

世界でもまれ ユニークな日本人

ジュエリーに関して、日本人って実は世界でも非常にまれな存在なんです。

150年ほど前の幕末になるまで、指輪を着けるという習慣が全くありませんでした。

IMG_20151227_112815.jpg


確かに、昔の肖像画や浮世絵に指輪を着けた人物は描かれていません。

そういえば、伝統ある茶道や華道なども指輪は厳禁ですよね

reiauto1.jpg

        
では、最初に指輪を着けてお洒落を楽しんだのは誰でしょう?

幕末、長崎の遊女たちが日本人で初めて指輪を着けた とされています。

          *     *     *

ところが、ず〜っとず〜っと昔 縄文時代の遺跡から、指輪を着けた人骨が見つかっています。

しかも片手の人差し指、中指、薬指に二本づつの計6本


一体どこでそんな粋な(?)人骨が出土したのでしょう?

神戸市西区にある玉津遺跡です。

なるほど、神戸っ子がお洒落なのは、そんな昔っからだったんですね

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
ラベル:指輪 日本人
posted by ジーロンド at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

日本の国石

昨年 鉱物宝石ファンの間で話題になった「日本の国石」。

花崗岩、輝安鉱、水晶、自然金らを差し置いて、正式に決まったのはこの石。

2016_0630_110346-CIMG1114_239x179.JPG


ファンの方にとっては、世界的に有名な愛媛産 輝安鉱や日本式双晶の名で知られる水晶も捨てがたいかも?

その決定は、日本鉱物科学会にゆだねられていました。

ホームページを見てみると、会長は𡈽山明さん。

私がかつて 鉱物学の教えを受けたことがある先生です。

2012_1007_104151-DSC08919-thumbnail2.jpg


小惑星イトカワからサンプルを持ち帰ったプロジェクトにも関わってらした先生。

頭脳明晰さはもちろんのこと、人間味あるユーモアも素敵な方でした。

       5年前の石ふしぎ大発見展 𡈽山先生の講演のブログ

さて、その国石のルースを掲載した、当ホームページもご覧下さいませ


「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする