2017年08月21日

日本人の名前が学名になりました

シロサンゴは、かなり深い海で生息している生物由来の宝石です。
なので、あまり目にする機会がありません。

2016_0809_120640-CIMG1314.JPG


生物らしく、種を表す学名があります。

それは、Corallium konojoi コラリウム・コーノジョイ。

実は、ある日本人の名前がその由来です。

珊瑚の採取網漁法を確立させた土佐の漁師 戎屋幸之丞(えびすや・こうのじょう)という人物。

2016_0809_120727-CIMG1316.JPG


なかなか面白いでしょ?

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

たいへん貴重なクンツ博士の本をゲットしました♪

休日に、神戸でアンティークのお店をしている友人を訪ねました。

お店に入ると、ニャンコが出迎えてくれます

2016_1109_113008-RIMG0379.JPG


2016_1109_112924-RIMG0376.JPG




そこで大変貴重な洋書を発見!

さっそく譲って頂いて、懐かしいにしむら珈琲で開いてみました。

2016_1109_132326-RIMG0395.JPG


1913年刊行 「The Curious Lore Of Precious Stones」。

著者は、あのジョージ・フレデリック・クンツ博士です。

2016_1110_112502-RIMG0396.JPG


実は、クンツ博士直筆のサインが入ってるんですが、現物は当店にてどうぞ(^u^)


さて、このクンツ博士は、ある宝石名の由来にもなっています。

そのルースを掲載したホームページもあわせてご覧下さいませ

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]




posted by ジーロンド at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

無処理サファイアのオーダージュエリー

友人に付き添って初めて来店しました。
「誕生石でちゃんとしたジュエリーを作りたい」というこちらの相談に、
このブルーサファイアを見せていただき一目ぼれしました。

2016_0404_134231-DSC09474.JPG


自然光では空色に、人工光で薄紫〜濃紫にカラーチェンジするのが
とても気に入っています。

初めてのオーダーメイドでしたが、コレクションのことを商品というより
「いつか誰かと出会うまでの大切な預かりもの」という風に
大事に話される店長ご夫婦の人柄にとても安心しました。

     *     *     *     *    *

初めてのご来店で、素敵なリングをオーダーして頂き、誠にありがとうございました。

そう 当ジーロンドは、美しく結晶した宝石たちとお客様とを結ぶ、一期一会の出会いの場なのです♪


さて、仕上がったジュエリーは、コチラのページにてどうぞ


2016_1214_173014-RIMG0573.JPG
お客様の素敵な笑顔と出会うこと それが当店のミッション



地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]


posted by ジーロンド at 08:23| Comment(4) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

親方のお嬢さんに恋してしまった研磨職人のお話

ダイヤモンドのモース硬度は、地球上でもっとも硬い10。
かつてはギリシャ語で「アダマス(征服されざる物)」と呼ばれ、それが語源にもなりました。
和名の「金剛石」も同じ意味なのでしょう、かつてはそれ位 研磨する事は至難の業だったんです。

2016_0526_131836-CIMG0848.JPG


さて、15世紀後半のベルギーにルイ・ド・ベルケムという腕の良い宝石研磨職人がいました。
年頃だったこの若者も、ある女性に恋をします💓
それは、勤めている工房の親方のお嬢さんでした。

勇気をふるって親方に結婚を許してもらえるよう話しました。
すると親方の返事は「ダイヤモンドを研磨できたら娘を嫁にしてやろう。」というハードな課題でした。

それからは、その研磨方法を寝る間も惜しんで模索する日々・・・。

やがて画期的なダイヤモンドパウダーを使った研磨法を発明します。

「愛」が「ダイヤモンド」に勝利したワケです

飛躍的にその技術を向上させた功績で、後世 彼はダイヤモンド研磨の父と賞される人物になりました。 

めでたし、めでたし 

 
地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

ペアのルースからピアス作り

テリの素晴らしいイエロージルコン ラウンド型ペアのルース。

2014_0908_125207-DSC06470.JPG



色も上品だし、18金イエローゴールドでピアスを製作いたしましょう。

選んだのは、流行とは無縁 アンティーク風ミル打ちデザイン。

屈折率の高いジルコンの輝きが、一層映える仕上がりになりました♪

その出来栄えと気になる加工費は、コチラのページでどうぞ

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

パールネックレス どう収納すればいいでしょう?

今回は、パールネックレス等の保管方法をお伝えしておきましょう。

生物起源の宝石 パールは、空気中のチリに含まれる石英や長石よりモース硬度が低いです。

直接触れると、当然 パールの方が傷つきます。

ですので、摩耗を防ぐため必ずケースに入れて保管しましょう。

 
2013_1221_115621-DSC03835.JPG


ディスプレイ用にしばしばこんなケースに収納しています。

このまんまフタをしないで下さいね。

パールを通してるテグス糸に無理がかかって、切れやすくなるんです。

糸に無理がかからないよう、自然な状態でフタするよう心がけて下さい。

パール念珠1IMG_20140529_152323960.jpg


それは念珠でも同じ。

「いざ、使用する時に限って糸が切れて、珠がバラバラになって困りました。」

困惑して、そう話されてたお客様のお顔が忘れられません。

パール念珠2IMG_20140602_140618683.jpg


皆さま方も、数年に一度のメンテナンス 糸替えも心がけるようになさって下さいね。

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

競馬はいたしませんが・・・

以前 シンハライトのルースをお買い上げ頂いたO様。

「ネットで画像検索すると、競馬の馬の写真ばかり出てるんですよ〜(汗)」



ホントでした(笑)

それだけではありません。
2017_0610_183452-RIMG1857.JPG


2017_0610_184044-RIMG1858.JPG


2017_0610_184652-RIMG1859.JPG


まだありました。

2017_0610_182904-RIMG1855.JPG


「輝石鉱物」のことです。
ジェダイト(ひすい輝石)、ロードナイト(薔薇輝石)、スポデューメン(黝輝石)など。

2017_0610_184830-RIMG1860.JPG


クリソライト・・・黄緑色のクリソベリルやぺリドットの古名です



さらには、こんなのもあります。

2017_0610_183032-RIMG1856.JPG


ギャンブルは一切しない私です。

でも競走馬の名前って、なかなか面白いですね

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]


posted by ジーロンド at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

カリブ海生まれの天然真珠

中米 カリブ海流域に生息する巻貝 コンク貝。

その貝から、極めて稀に天然真珠が見つかります。 
2014_0123_193901-DSC04142.JPG


天然なので、さすがにいびつ。

でも火が燃え立つような模様が見えますよね。

一般に、火焔模様と呼んでいます。

この真珠は、珍しく真珠層を持っていないのです。


一方、同じ色素を持つ母貝も、もちろん同じようなピンク色。

そこで現地では、母貝をカット成形してコンクパールのイミテーションを作ってる悪質な業者も居るとか💦

このイミテーションだと、退色しやすいという欠点も持ち合わせています。


では、大事な見分け方を・・・。

そう、火焔模様の有無です。

もちろん火炎模様が確認できれば、本物のコンクパールです


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp

posted by ジーロンド at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

かなり珍しい色の「日本の国石」

美味しそうな飴玉かも?

2017_0531_131934-RIMG1762.JPG


いえ、昨年 「日本の国石」に決まったあの石です。

2017_0531_131642-RIMG1760.JPG


こんな色は、私たち業界人でもめったと見る機会がありません。

さらに詳しくは、コチラのページでどうぞ

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

なんと!100万分の1の出現率

今日のブログは、ダイヤモンドについての話題。

2017_0406_123904-RIMG1212.JPG


ダイヤモンドは、実は4つのタイプに分かれています。

愛蔵の「宝石宝飾大辞典」(近山晶著 近山晶宝石研究所発行)から転載しましょう。

2017_0409_125044-RIMG1227.JPG


Ta,TbとUa,Ubの4種類。

天然ダイヤモンドの99.9%が、Taタイプです。

逆に、1/100万ともっとも出現率の低いのが、Ubタイプ。

コレなんです♪

2016_1122_102716-RIMG0447.JPG


いかがです?
凛として、格好いいでしょう?

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

数奇な運命をたどった名品パール・ジュエリー”矢車”

鳥羽にあるミキモト真珠島へは、昔 修学旅行でも行きました。

2015_0521_110105-DSC08037.JPG


御木本幸吉翁の銅像前で、クラスの集合写真を撮った覚えがあります📷


さて、島内には、ジュエラーたる今 必見のスポットが開設されています。

アンテイーク・ジュエリーを多く展示している真珠博物館です。


数ある展示品の中で、最も有名なジュエリーがコレ。

2015_0521_114008-DSC08085.JPG


2015_0521_114021-DSC08086.JPG


「矢車(やぐるま)」と呼ばれてるジュエリー。

「近代生活における芸術と技術」をテーマに開催された1937年のパリ万国博覧会のために製作されました。

帯留め、ブローチ、リング等々 パーツの組み合わせで、計12通りの使用法があるんです。

当時のミキモトの優れた細工職人の技術の粋が、結晶した見事な作品。

そんな名品が、実は万国博直後から、長らく行方不明になっていました。

そして50年以上経った1989年4月 ニューヨークのオークションに忽然と姿を現し、ミキモトが落札します。

その数奇な運命は、当時のジュエリー雑誌でも話題になったものです。

2015_0521_114032-DSC08087.JPG


江戸から続く飾り職人の高い技術が応用され、これを見るだけでも訪問する価値あり。

現代での技術では、もはや製作できないんだそうです。

ところで、私どもがご提供するジュエリーは、博物館に入って欲しいとは思っておりません。
 
なぜかって?
 
受け継いだ方にも、喜んでお使い頂いてこそのジュエリーだと考えておりますので。




地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

ラベル:真珠博物館 矢車
posted by ジーロンド at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

オーダーとリフォームのチャンス到来!!

今週は、プラチナ価格1グラム 3,800円を割り込みましたね。



という事は、オーダージュエリーはもちろん、ジュエリー・リフォームのチャンスでもあります!!

2013_1224_133713-DSC03848.JPG>


着物を着る機会が減った今、さすがに立て爪は使う機会がないそう・・・。

リフォームで持ち込まれる方の大半は、コレです。

2017_0311_110954-RIMG0925.JPG


シンプル系のデザインをお選びになる方もいらっしゃいます。

あるいは、ゴージャス系をお選びになる方も♪

2016_1008_114136-RIMG0149.JPG



いずれも、リフォーム後は中々の変身ぶり。
お客様はもちろん、ダイヤモンドも嬉しそう

まさに、新しい生命が吹き込まれた感があります

プラチナ価格下落中の今、あなたにもリフォームのチャンス到来!

リフォーム価格は、オーダージュエリーのページ。
「出来上がり価格 ー ルース代金」として、ご参考に。

この機会に、あなたもジーロンドへ さあお急ぎ下さいませ

2016_1007_124728-RIMG0146.JPG


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

カラーストーン・ジュエリーの魅力

近所のジュエリー店やブランドを覗いてみると、ダイヤモンド製品ばかり並んでいるのが目に付きます。

「一番高い宝石」と思われてるダイヤモンドが、た〜くさんあるって、ちょっと不思議な気がしないでもありません。


本当は、ルビー、サファイア、エメラルドなどカラーストーンの方が、産地も限られるし、採れる量もずっと少ないのです。

一昨年2月に初来日したイギリスのウィリアム王子が、2011年のロイヤル・ウェディングで、キャサリン妃に贈ったのがブルーサファイアでしたよね。

シャーロット王女PK2015050502100069_size0.jpg


伝統と格式のあるイギリス王室でさえカラーストーンなのです。
日本の皇室も、イギリス王室との縁がもっとも深い。
なので、私たちのアニバーサリーやエンゲージのジュエリーも、カラーストーンの方がむしろおススメ。

ひとつひとつに色の濃淡、テリ、形状に個性があるので、全く同じ石には出会いません。
それぞれが、まさにオンリーワンのジュエリーになるのです。

あなたも、当店でそんなジュエリー体験をしてみませんか?

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

輝きの強い丸〜いあの宝石

美しい宝石です
パッと見は、強い輝きの丸〜い宝石 ダイヤモンドにソックリ。

2015_0208_102745-DSC07502-thumb-240x240-433.jpg


炭素から成るダイヤモンド。
それに対して、この宝石は酸化ジルコニウムとケイ酸から成ります。

ん?一部 名前のカブるキュービック・ジルコニアかも?
でも、キュービック・ジルコニアにはケイ酸は含まれず、酸化ジルコニウムのみ。

さて、その正体は???

ジュエリー写真を追加したコチラのページをご覧下さいませ

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

フランス人が天災に遭ったら持ち出すもの

ある人から伺ったことがあります。


粋なライフスタイルで知られるフランス人。

彼らが、もし天災に遭ったら、真っ先に持ち出すものが三つあるんだそうです。

まずは、生活のための「水」。

次が、身だしなみのための「石鹸」。

そして三つ目が・・・・。

2016_0430_102937-DSC09601.JPG


「宝石」なんだそうです


なるほど、わかるような気がしますね

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

困った!指輪が抜けない!

お気に入りの指輪を、ずっと嵌めたままにしている方がいらっしゃいます。

指のサイズが大きくなると、抜けなくなって、たいへん困ります。

そんな場合 やむなくリングカッターで、切断します。

t02200124_0800045013619334222.jpg


当店にも常備しております。

遠方の方や緊急を要する方は、お近くの消防署へ行きましょう。
リングカッターが常備されていますよ。

この指輪も、消防署で切断した物でした。

t02200164_0428032013619332371.jpg


メッキアクセサリーは無理ですが、18金やプラチナなど貴金属だと復旧は可能です。

でもこの指輪 18金とはいえ外国製。
しかも太い腕のデリケートなエナメル・リング。
4〜5サイズアップは、正直 難しいと思っていました。

t02200164_0428032013619332370.jpg


信頼している職人さんが、見事に期待に応えてくれました

もちろん、お客様も大喜びでしたよ

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

無色トルマリンと毛糸洗い

あらゆる宝石の中でも、様々なカラーバリエーションを誇るのが、トルマリンですね。

その中でも無色のって、まず目にする事はないと思います。 
2013_0330_131817-DSC00613.JPG
アクロアイト 


ギリシャ語接頭語 Achro-は、”無色”の意味。

そう、懐かしいテレビCM「毛糸洗いにアクロン♪」も同じ言葉が由来。

よ〜く意味が伝わるネーミングですよね

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp





posted by ジーロンド at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

明石焼き その意外なルーツとは・・・?

通称「明石焼き」です。 
2014_0524_225442-DSC05414.JPG
    

本場 兵庫県明石市では一般に、「玉子焼き」と言うんですってね。

ソースで頂く大阪のたこ焼きとは、原料は似ているものの違った味わいです。


ところで「明石焼き」のルーツって、意外ですが宝石と関係があるのです。

明治、大正、昭和戦前まで、この明石には「明石玉(あかしだま)」という特産品があったそうです。

宝石さんごの模造品で、かんざしとして国内で普及していました。

2014_0903_150233-DSC06413.JPG


その明石玉の製造過程で、原料を凝固させるのに必要だったのが、鶏卵の白身。

そして、使わない鶏卵の黄身を有効利用するために考案されたものが、この明石焼きなんだそうです。

それにしても、別々の白身と黄身でも、どちらも丸く成型されたのが面白いですね

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp

posted by ジーロンド at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

ヒヤシンスと呼ばれた宝石

ご近所さんからヒヤシンスの球根を頂きました。

2017_0302_111444-RIMG0912.JPG


少しずつですが、背が伸びてってるのがわかります。

これから先が楽しみです

さて、昔はヒヤシンスと呼ばれた宝石があります。

2016_0608_154633-CIMG0972_240x175.jpg

和名は、風信子石と言います。

追加掲載したコチラのページでも、どうぞご覧下さいませ

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

オーダージュエリーの楽しみ♪

ラウンド型の宝石ルースを並べてみました

2016_0713_121105-CIMG1187.JPG


ルース・ファンの方なら、どれが何の宝石かわかるかも?

ちなみに、ダイヤモンドも含まれています

キャスト枠からのセミオーダーの場合 ダイヤモンドのラウンド型のデザインが豊富です。

ごく一部をご紹介しますと・・・。

2016_0713_114928-CIMG1185.JPG


ダイヤモンドでももちろん美しいです
カラーストーンだと、メレダイヤモンドをデコレートすることをおススメします。
コントラストができて、いっそう効果的。

この組み合わせで、11石×3型 計33パターンのオリジナル・ジュエリーが生まれるのです。
しかもリーズナブル!

完成までが待ち遠しく、仕上がるとテンションハイ!

誰も見たことのないジュエリーになるのです!!

そんな製作例をコチラのページでぜひご覧下さい

「見たことのない宝石がいっぱい!」
地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする