2018年07月09日

ルビー〜スピネル〜ターフェアイト、そして・・・

ルビーの動画を撮ってみました。



フランス革命前の1783年 ルビーと思われていた宝石から、新種の宝石が発見されます。

スピネルです



それから162年たった1945年 スピネルからさらに新種の宝石が見つかりました!



ギネスブック認定「世界一珍しい宝石」。
別名”ギネスストーン”の名で知られました。

さらに1967年 ターフェアイト ソックリ!新種の宝石が見つかります

RIMG2603.JPG
  
超レアなこの宝石は、コチラのページでどうぞ♪
 

こんな宝石発見の系譜も、ストーリーとして充分楽しいですね。


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]


posted by ジーロンド at 14:04| Comment(0) | レッドスピネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

「世界一有名なルビー」はルビーじゃない!?

英国王室 戴冠式用の王冠 インペリアル・ステート・クラウン。

DSC_0715.jpg
むかしロンドン塔で買ったガイド本


この中央部に「世界一有名なルビー」がセットされています。
呼び名は、「Black Prince's Ruby(黒太子のルビー)」。

「黒太子」と呼ばれた英国 エドワード皇太子(1330〜1376)が、スペイン カスティリャ王国のドン・ペドロ王から贈られたもの。 

1415年 アザンクールの戦場では、絶体絶命の英国王ヘンリー5世を救ったと伝わる宝石です。

ところがこの宝石 実は、ルビーではなくスピネルだそうです

美しい色も産地もかぶるこの二種の宝石は、全く混同されてたんです。

スピネルはルビーとは違う鉱物だ!と指摘したのは、フランスの学者 ロメ・ド・リール。
フランス革命前の1783年のことでした。

でもむしろ、希少性は(レッド)スピネルの方が上だとされています。

マックス・バウアー(1844〜1917)は、名著「Edelsteinkunde(Precious Stones)」を書いたドイツの鉱物学者。
その著書の中で、宝石の価値基準を5段階に区別。
最上ランクの宝石に、ダイヤモンド、ルビー、サファイアと並んでスピネルを挙げています。



硬度もあって、エンハンスメントなしでも美しいスピネル。
当店でも人気の宝石です



地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

続きを読む
posted by ジーロンド at 12:49| Comment(0) | レッドスピネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

美しいから宝石です

目の覚めるような美しい宝石です。

赤いけどルビーじゃありません。

むしろ、スッキリ感はルビー以上でしょう。

2015_0612_104106-DSC08203.JPG


英国王室の王冠にセットされてる”黒太子のルビー”はルビーではなく、この宝石である事が判明しています。

FGA(英国宝石学協会)を学んだときの分厚いテキストです。

GEMSIMG_20140819_092954942.jpg


この冒頭に出て来るのが、「宝石の三大要素」。

いわく、「美しさ」「耐久性」「希少性」の三つ。

一番最初が、「美しさ」なのです。

このルースは、まさに「宝石」ですね!

さて、この宝石は何でしょう?

掲載したホームページをぜひご覧下さいませ<(_ _)>

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | レッドスピネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

落札されたホープスピネルの記事

FGA(英国宝石学協会)の母体 Gem-A本部より定期的に機関紙が送られて来ます。

先日届いた表紙は、コレ。

IMG_20151227_112815.jpg


”ホープスピネル”が、ロンドンのオークションで落札されたという記事です。

IMG_20151227_112858.jpg

有名なホープダイヤモンドの所有者だったヘンリー・フィリップ・ホープ氏のコレクションとして1839年に登場したジュエリー。



あ、念のためにホープダイヤモンドは、コレ。

200px-HopeDiamond1.JPG


所有者がどんどん不幸になっていくという話が伝わる天然ブルーのダイヤモンドです。

作り話ばっかだそうですが・・・(汗)

話を戻して・・・。

”ホープスピネル”は、1917年 ロンドンのクリスティーズのオークションに登場。

以来 98年ぶりに 今度はボンハムのオークションに登場。

962,500ポンドで落札されたそうです。

日本円に換算すると、なんと1億7000万円超えです

スイス宝石学会 SSEFの分析で、タジキスタン産だそうです。


ともあれ、当店でも人気の宝石が話題になるのはウレシイこと。

そんなレッドスピネルのジュエリーをオーダーして下さったお客様の声もあわせてご覧下さいませ(^_-)


「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]




posted by ジーロンド at 11:53| Comment(2) | TrackBack(0) | レッドスピネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

それは、1415年10月25日のことでした

ちょうど600年前の10月25日 歴史上 ひときわ輝いたある宝石があるんです。

1025IMG_20151025_111652.jpg


しばしば引用している「366日 誕生石の本」(斉藤貴子著・日本ヴォーグ社)でも、この日の誕生石に選ばれています。

英仏が争った百年戦争。

その局地戦 アジャンクールの戦いがあった日です。

圧倒的不利だった英国軍。

あやうく国王ヘンリー5世が、命を落としそうな場面で、形勢を逆転させたと伝わるのが「黒太子のルビー」。

現在は、イギリス ロンドン塔の「クラウン・ジュエル」の部屋の中。

英国第一の王冠にセットされ、大切に保管されています。

黒太子のルビーyjimage.jpg


ただ500年前は、宝石鑑別の技術がほぼ無かったに等しい。

今では、この「黒太子のルビー」は、レッド・スピネルであると判明しています。

2015_0108_120337-DSC07297.JPG


そんなエピソードのあるレッド・スピネルで、オーダージュエリーを製作しました。

お客様の「喜びの声」をぜひあわせてご覧下さいませ


「ダイヤモンドを超える感動をあなたに」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | レッドスピネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

ミャンマー産 レッドスピネルのリング

レッドスピネルの指輪が仕上がって来ました。 
2011_0123_104858-DSC03794.JPG
レッドスピネル 091ct 0.08ct ミャンマー産

ざっと200年前まで、ルビーと混同されていた宝石です。

スピネルは、屈折率はひとつだけの単屈折の鉱物。

しかも加熱処理を必要としない、原石から美しいもの。

モース硬度も、8と丈夫です。

もっともっと顧みられていい宝石です

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp
posted by ジーロンド at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | レッドスピネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

さて問題です。母岩付き赤色石2つ

200年ほど前まで 同じ赤い石として混同されていたのが、ルビーレッド・スピネルです。
spinel,ruby.JPG

           
この母岩付き原石2つ、その区別ができますでしょうか?
正解は次回で・・・。


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 08:10| Comment(10) | TrackBack(0) | レッドスピネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする