2017年04月05日

SAKURAISHI

SAKURAISHIという音(おん)のマイコレクションをご紹介させて下さい。

2011_0303_140133-DSC04226-thumbnail2.jpg


今の時期 タイムリーな鉱物でしょ?

桜石と呼ばれるアイオライトの変種です。

京都府亀岡市稗田野町 桜天満宮境内で採取されたもの。

天然記念物なので、もちろん勝手な採取は厳禁!

私の場合は、もう30年以上前 京都にある二チカという所で購入しました。

宝石鉱物の世界って、美しいだけでなく面白いものですね

もうひとつSAKURAISHIを紹介します。
奈良県桜井市にある箸墓古墳。

730e2516c5a719e038071b129e4c0cec.jpg

邪馬台国の女王 卑弥呼の墓との説もありますね

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝石原石 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

宝石採取の苦労が報われる時

当店に常備している一冊の本です。

2016_0303_114357-DSC09380.JPG
「世界のジェムストーン図鑑」ヴァルター・シューマン著 柏書店松原刊


豊富な種類の宝石の写真が、カラーで紹介されています。

一方で、こんな写真も掲載されています。

2016_0303_114414-DSC09381.JPG


2016_0303_114423-DSC09382.JPG


スリランカで、宝石原石を採取している人たちの写真。

灼熱の炎天下だと、その労働は、かなりキツそうです

宝石の産地って、人口の多い都市部ではありません。

僻地の上 土壌はやせていて農業にも不向き。

そこに宝石が産出しなければ、土地の人たちが、ほかに食べていく術(すべ)はありません。

彼らにも、愛する恋人や妻、家族がいることでしょうに・・・。


こんな苦労の末に、旅をして宝石たちは当店の店頭に陳列されます。

お客様にご購入頂いてこそ、彼らにとっては、これからもこの仕事が続けられるってワケです。

もしかしたら、彼らが採取した宝石だったのかも知れません。

スリランカ産 無処理ブルーサファイアで、ジュエリーをオーダー頂いたお客様の声も、どうぞご覧下さいませ

2016_0404_134231-DSC09474_240x179.JPG



「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝石原石 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

非売品の宝石原石

普段から、宝石ファンが集うお店作りを心掛けております。

販売目的の宝石やジュエリー製品だけでなく、非売品の宝石原石なども展示しております。

2014_1224_144525-DSC07194.JPG


母岩付き原石が、個人的にも大好き💓

完全に趣味の世界です(笑)

2015_0606_110710-DSC08155.JPG


正八面体のダイヤモンド原石なんて、そうそう見る機会はありませんよね、きっと。

2015_0613_111917-DSC08213.JPG


昨日も、初来店の若い女性が、アウィナイト原石を見て感動してらしたなあ👀

写メも撮って下さいました📷

「宝石ファン」の方って、やはり感性が共通するのでしょう。
初対面でも実に話ししやすいですね。

2015_0330_152023-DSC07759.JPG


あなたとのそんな出会いを、心よりお待ちしております🎵

「ダイヤモンドを超える感動をあなたに」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]


posted by ジーロンド at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 宝石原石 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする