2018年03月03日

バイカラーストーンたちを動画にしてみました♪

ひとつの石の中で複数のカラーを持つユニークな存在。

バイカラーの宝石種はいくつか挙げられますね。

RIMG3030.JPG


わくわくしませんか?
自然界の神秘も感じます。

動画にすると。さらに楽しい

全部異なる宝石種です


みなさまのつかの間の癒しになれば幸いです。

一部のルースは、ホームページでもご覧頂けます。

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]


posted by ジーロンド at 08:59| Comment(0) | エレメージェーバイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

ややこしい呼び名の宝石

2週間ほど前 FGA(英国宝石学協会)の勉強会があったので、参加してきました。

2015_0702_185544-DSC08314.JPG


ロンドンのGem-A本部から送られて来る機関紙 Gems & Jewellery。

かねてから気になっていた宝石の記事が載っています。

2015_0721_160227-DSC08397.JPG


2015_0721_160116-DSC08396.JPG


「デザート・アイス」(砂漠の氷)って、別名があるのですね。

この宝石名の呼び方 実は、ちょっとややこしい。

「世界のレアストーン図鑑」(亀山 実著・柏書店松原刊)では、「エレメエファイト」。

2015_0721_161052-DSC08398.JPG


いい機会だったので、勉強会でお顔を合わせたGem-A 日本のアンバサダー Nさんに、英語圏ではどう発音するのか聞いておいて欲しいと伝えていました。

今朝になって、彼女からGem-A Japan facebookページ に返信が来ていました。

それによると、英語では ジャルマジーバイト(ほぼ ジャーマジーバイト)。

ロシア語では イェレーメーイェヴィット なんだそうです。

貴重な情報を誠にありがとうございました<(_ _)>

ボケ防止にもなりそうだし、ぜひ覚えておこうと思います(笑)


ちなみにわが国では、こう呼ぶケースが多いですね。

残り1ピースの在庫を、ホームページに掲載しましたるんるん

「ダイヤモンドを超える感動をあなたに」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | エレメージェーバイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする