2017年06月06日

マイコレクションが、かすみます(汗)

もう10年前に入手した自慢のマイコレクション

2017_0531_130542-RIMG1752.JPG


モース硬度は、7.5.
その組成は、(Mg、Fe)Al3(BO4)(SiO4)Oと複雑。

「超」が付く希少宝石。
近山晶著「宝石・貴金属大辞典」によると・・・

「マダガスカル南部のペグマタイト鉱床より産出する。透明石はなく、半透明石が魅力的なカボション石となる。唯一の産地のごく希少石で、同国の持出し禁止の原石の1つのために、非常に入手しにくい。」


初めて読むと、噛んでしまいそうなその名は、グランディディエライト。

その見事な逸品がコレ


2017_0531_131334-RIMG1757.JPG


マイコレクションが、かすみますね

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日独宝石研究所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

グランディディエライト ふたたび・・・

某ブログ読者のご期待に応えるべく、希少宝石のひとつグランディディエライトを再びご紹介します。

たった一つの産出国 マダガスカルでは、あまりの希少性ゆえ輸出禁止措置が取られていた代物👝 

2011_0817_113323-DSC05228.JPG
 
グランディディエライト 
  

ローマ字入力で一発変換出来てちょっとうれしかったですが、皆さまのPCはいかかでしょう?(笑)
写真も前回よりキレイに撮れました✨

モース硬度は、7.5と丈夫で、斜方晶系に属します。
組成は、(Mg、Fe)Al3(BO4)(SiO4)Oと複雑です。

不透明な感じも、実はこの希少宝石の特徴です(開き直った💧) 

yahoo!ホームから、この石名で検索すると、1年半前の拙ブログが1ページ目の一番下にランクされてました🎵
他サイトの閲覧もさせて頂きましたが、先に述べた事の様に希少性ばかり訴えています。

私は?と言えば、長〜い名前にスポットを当ててブログを書いていました。
希少宝石を扱うなら、考え方も希少な方がいいのではないかしら?(笑)

このマイコレクションを入手して2年半ほどになりますが、その後 これよりラージサイズには出会ていません。

また、これより小さくてキレイなルースにも会えてません。

鑑賞用には、やはりある程度のサイズは必要だと思います

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 12:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日独宝石研究所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする