2013年09月12日

大阪クラシック in 中央公会堂

今、催されている大阪クラシックのコンサートへ足を運びました♪

会場は、中之島の中央公会堂です。最高〜るんるん 
2013_0911_120705-DSC02704.JPG
  
2013_0911_120716-DSC02705.JPG

ローマ神話の商業の神メルクリウスと 学問の神ミネルヴァに守護されてる大阪を代表する名建築。

岩本栄之助の寄付によって、1918年竣工しました。

3F特別室には、洋画家 松岡壽(ひさし)の手になる天井画もあります。
 
2013_0911_121123-DSC02706.JPG

日本書紀の天地開闢 伊邪那岐 伊邪那美が、描かれています。
 
2013_0911_121244-DSC02711.JPG

壁面の絵 真ん中は、商売の神 素戔鳴尊(スサノヲノミコト)だそうです。

色んな神様に守られてるんですね。 
2013_0911_121955-DSC02713.JPG


さて、コンサート会場の中会議室です。

演目は、ブラームス ピアノ四重奏曲第1番 ト短調。

十二音音楽の始祖 アルノルト.シェーンベルクもとりわけ好きだった曲、管弦楽に編曲もしていまするんるん

2013_0911_132512-DSC02714.JPG

いや〜、いいシチュエーションで いい音楽を堪能しました。 
2013_0911_132642-DSC02715.JPG


大阪クラシック 来年も楽しみでするんるん

「ダイヤモンドを超える感動をあなたに」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

モーツァルトの誕生日

今日、1月27日はモーツァルトの誕生日です(1756年)

歌劇なら「ドン・ジョバンニ」。

交響曲なら第38、39番なんか・・・。

ピアノ協奏曲にも大好きな曲がたくさんありまするんるん

因みにセレナーデ第9番「ポストホルン」の”ロンド”は、お店の屋号に拝借させて頂いてます

2013_0127_095157-DSC00016.JPG

小林秀雄の名エッセイ「モオツァルト」(新潮文庫)の一節を引用します・・・

「・・・・・僕の乱脈な放浪時代の或る冬の夜、大阪の道頓堀をうろついていた時、突然、このト短調シンフォニイの有名なテエマが頭の中で鳴ったのである。・・・」
2013_0127_095439-DSC00018.JPG


全く異質にも思えるモーツァルトと道頓堀が、意外にもリンクしてたんですね〜(*^^)v
2012_0610_100001-DSC07920.JPG


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp
posted by ジーロンド at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

テーブルとお客様用椅子を新調しました♪

たった6坪・・狭いジュエリー店なんです、ウチ。

オープン以来3年4ヶ月。

使い勝手が悪かった電気の配線を先週やり直しました。

んでもって、テーブルとお客様用椅子も新調しました♪
2013_0122_132712-DSC09884.JPG

猫足アンティーク調です。

テーブル天板は大理石

先日見えたお得意様にも、予想以上に好評でした♪

皆さま、どうぞ寛(くつろ)ぎにいらして下さいませ。

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp
posted by ジーロンド at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

マイコレクションのパラサイト

𡈽山先生の講演を聴いたので、以前先生にもお見せした事があるマイコレクションの宇宙起源の石を取り出してみました。
コレです!!
 
自宅PC 625.JPG                      
パラサイト 25.54ct 
        
pallasite と表記します。 カタカナ表記は同じでも parasiteは意味全然違います(汗)

1772年 ロシアの女帝エカテリーナ2世に招へいされた ドイツの博物学者P.パラスのシベリア地質調査で、その未知の石の研究がスタートしました。

金属質は鉄とニッケルの合金、黄緑部分はオリビン、なんと宝石のペリドットですぴかぴか(新しい)
起源が地球外とわかったのは後のこと。

太陽エネルギーを受けてすくすく育つオリーブの実が、オリビンという鉱物名の由来です晴れ
それに倣って宝石ぺリドットは古くから”太陽エネルギーの象徴”とされ人気がありました。
8月の誕生石に選ばれた理由もココから。

それにしても、実際にぺリドットが宇宙から地球へ降り注いでいたって面白いものですねるんるん

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp
posted by ジーロンド at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

関西文化の日

今週末、19(土)20(日)は、関西文化の日です。
関西の主要な博物館美術館等の文化施設常設展が、無料開放されます。
 
2011_1115_121232-DSC05806.JPG
  
もちろん人気の高い施設はそれなりに混雑するでしょうね。
私も、なんとかお店を開ける前に、国立国際美術館中之島コレクションを観て回るつもりですアート
朝一、場違いに足早に歩く人がいたら私かもしれません(^_^;)
     
詳しくは関西文化の日ホームページで・・・
 
posted by ジーロンド at 12:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

読書の秋 〜ドリアン・グレイの肖像〜

来週からは読書週間が始まります。
だからって訳じゃないんですが、以前から気になっていた一冊、「ドリアン・グレイの肖像」を読みました。
19世紀末、英国の耽美主義作家、オスカー・ワイルドの小説です。
 
そして、アレキサンドライト変色性の描写のある、おそらく世界最初の書物だと思います。
  
2010_1011_170034-DSC03038.JPG
  
作家自身も宝石マニアだったんでしょう。
主人公が、様々な宝石ルースを取り出して、眺めて悦に入るシーンは少し気味が悪いのですが、
第三者から見たボクもきっとそうなのでしょう(笑)
 
中に余り聞きなれない宝石名がいくつか出て来ます。
その一つ、肉桂石を紹介しましょう。
シナモン・ストーンの別称がある、へソナイト・ガーネットの事なんです。
カルシウムとアルミニウムを主成分にしたグロッシュラー・ガーネットの一種です。
   
2010_1018_174551-DSC03076.JPG
            へソナイト・ガーネット2.26ct タンザニア産    
オレンジ色のガーネットにはマンガンを主成分にしたスぺッサータイト・ガーネットもありますね。
両者を区別するのは容易です。
この写真のルースを拡大してみましょう。
  
2010_1018_174620-DSC03077.JPG
   
蜂蜜を垂らしたかの様なテラテラした様子がおわかりかと思います。
これを糖みつ状組織といい、へソナイト・ガーネットの典型的な特徴となっています。
 
実は、このテラテラ感は人工のガラスにも見られる特徴でもありますが、その場合は脈理(みゃくり)といい、厳然と区別するんですよ✌
 
この作品は、かのデヴィット・ボウイも心酔してるそうですが、ワカル気がしました。
退廃的と評される世紀末の代表作家、オスカー・ワイルド。 
そういえば、宝石がキーになる童話「幸福な王子」も彼の作品ですね📖


「見たことのない宝石がいっぱい!」
地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 12:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

ホークス・バー あぶさん

プロ野球の両リーグともCSに突入です。
もうすぐセ・リーグ2位・阪神対同3位・巨人、注目の第1戦も試合開始。
一方、パ・リーグは昨夜、レギュラー・シーズン優勝のソフトバンク和田投手の快投で
ロッテに一矢報いました。
 
実は、近所にちょっとユニークなバーがあります。
かつて、ここ難波にあった大阪球場を本拠にした南海ホークスファンが集うお店なんです。
  
2010_0819_173505-DSC02814.JPG
  
屋号「あぶさん」は水島新司の野球漫画でおなじみです。
店内には懐かしい選手の写真がいっぱい。
  
2010_0809_203849-DSC02755.JPG
  
2010_0809_203901-DSC02756.JPG
 
野村、江本、門田、広瀬、ドカベン香川・・・。
大阪球場は地理的にも近いので最も足を運んだ球場です。
 
ホークスのみならず、高卒一年目ルーキー清原(西武)の30号ホームランや
近鉄・野茂の剛速球も目の当たりにしました野球
 
このお店、ソフトバンクが大阪で試合をする時は、選手がよく訪れてるそうです。
 
オーナーの御好意でムネリンこと、川崎宗則選手の本物のユニフォーム
その他を試着させてもらいました手(チョキ)
  
2010_0809_204303-DSC02760.JPG
  
CS済んだら、いよいよ日本シリーズ。
それも済むと一つの楽しみが減って淋しくなるんです。
posted by ジーロンド at 13:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

氷川きよし話

日本の近代化には無くてはならない人物でした。
倒幕派の代表、薩摩の西郷隆盛と幕府の開明派のこの人物が居なければ江戸は戦火に見まわれたでしょう。
 
あれ、何か変ですか???
 
あ、間違えた〜あせあせ(飛び散る汗)  「氷川清話(ひかわせいわ)」でした〜(笑)
  
2010_0831_130554-DSC02879.JPG
  
最近、大河ドラマをサボり気味で 改めて龍馬が師と尊敬した勝海舟の晩年の懐古談を収めた
この著作に興味を持って読んでみる事にしたんです。
ドラマではあの武田鉄矢が演じてますね。
     
昔、学校では古文の先生が「なるべく原典を読みなさい。」と指導してくれていました。
直に原典に当たる事で,第三者を通さない自分のダイレクトな思いが生まれるのが大切本なのはよくわかりますが、往々にして文語体なので強い意志と根気が必要なんです。
そう原典では「古事記」「万葉集」「風土記」「方丈記」・・・位ですか、苦労して読んだもんです(忘れてます)。
 
その点、この著作は口述筆記なので非常にわかりやすい。
時にべらんめえ調の勝の肉声が聞こえるかのように、ドラマ作中人物が活写されて痛快ですらあります。
 
2010_0831_130620-DSC02880.JPG
  
そして実はしっかりとした人生訓にもなってるのに甚だ感じ入ってしまいました。
毀誉褒貶は人に任せればいい。
逆風だろうが何だろうが、己の信ずるままに生きるって事が本当に大切な事なんだ!
 
勇気を与えられた気がしています。
  
posted by ジーロンド at 13:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

住吉大社の春

GWが好天続きで一気に初夏を迎えた感のある大阪です。
先日訪れた住吉大社にも桜の後のツツジが咲いてキレイでした。

   
tutuji1.JPG
      
国宝の四殿の南東にある池です。 カワセミの姿を見かけることも・・・。
 
tutuji2.JPG
   
tutuji3.JPG
                    
これからは卯の花苑が開放されるので近々再び訪れる予定です。



ラベル:住吉大社 ツツジ
posted by ジーロンド at 08:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

つわもの共の夢の跡 〜なんばパークス〜

なんばパークスには都会の真ん中に里山が設けられています。
シネコンもある商業施設ではあるんですがの好きなワタシのお気に入りスポットです。
休日はこのの中で読書したりと利用してます本
     
parks1.JPG
 
parks3.JPG
             
この地は昔、大阪球場がありプロ野球 南海ホークス球団のホームグランドでした。
自宅からは約30分程なので子供の頃からなじみ深い球団でした。
屋上にはその記念館があるんです。
   
parks4.JPG
          
楽天の名誉監督、野村克也や月間ホームラン16本の記録を持つ門田博光、その他名プレーヤーが活躍したズバリの地です。
エントランスにはホームベースとピッチャーズプレートの位置が示されてありました。
parks5.JPG
 
parks6.JPG
     
あの野茂英雄(近鉄)を初めて見たのもこの球場やったんです。 すごかったな〜野球ダッシュ(走り出すさま)
posted by ジーロンド at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

道頓堀の春

春とはいえ寒い日が続いています。
そのお陰で桜の開花時期も例年より長かったんですが・・・。 

かつて八百八橋と呼ばれた大阪の象徴 道頓堀も春の装いです。
     
koinobori.JPG
           
ここは川の両岸に遊歩道が既に整備されました。
今、遊歩道は戎橋(通称ひっかけ橋)から西へ順番に道頓堀橋、新戎橋(ここで一年前、カーネル人形発見!)、大黒橋までの延伸工事が進んでいます。
 
来年3月末に完工予定なのでまた新たな賑わいを見せてくれるのでしょう。
ラベル:道頓堀 鯉のぼり
posted by ジーロンド at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

「夫婦善哉」 〜くいだおれ大阪〜

読了してふた月が経過しましたが その心地よい読後感は今も続いています。
丁度70年前の昭和15年に発表された織田作之助「夫婦善哉」です。
      
odasaku1.JPG
           
何軒か行った事がある飲食店が登場するのも魅力なんでしょう。
 
odasaku2.JPG
ライスカレーの自由軒
 
tonbori2.JPG
関東煮のたこ梅
  
ある大作家は「汚らしい。」とその作風を批判したそうですが、おそらく批判の対象となった猥雑さは大阪の下町で生まれ育ったワタシには却ってリアリティを増すだけ・・・。
今日まで読まなかった事が悔やまれる程です。
 
さてそろそろ締めなければと思いエライ事に気付きました。
作品タイトルのぜんざい屋の写真を撮影してませんでしたあせあせ(飛び散る汗)
 
甘いものは殆ど口にしない辛党のワタシなのでしたビール
ラベル:夫婦善哉 大阪
posted by ジーロンド at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

桜の通り抜け 〜大阪・造幣局〜

大阪・造幣局の桜の通り抜けへ行って来ました。
土日は混雑するとの大方の予想でしたが日曜日の夜が狙い目と考えて決行。
独身時代以来 本当に久しぶりなんです。
      
torinuke1.JPG
               
一般に月曜から仕事の方が多いのでワタシの予想通り、以外に空いていて見やすかったです〜。
 
127品種もあるんですね〜。 しかも毎年増やしてるそうですぴかぴか(新しい)
警備員の方がメガホンで「迷惑になるので写真撮影で立ち止まらないでくだい!」と呼びかけてましたが、
すんませんあせあせ(飛び散る汗) 御苦労さまですう(笑)
              
torinuke2.JPG
torinuke4.JPG
          
昼に見に行かれた方のブログに「・・・夜も是非行ってみたい・・・。」との書き込みがありました。 
ワタシは昼に行ってみたいと思いましたあせあせ(飛び散る汗)
人間の心理ってそんなものでしょう(笑)
        
torinuke3.JPG
       
今年の花がコレ。 「都錦」と言います。
日本酒党のワタシには島根の地酒の名にしか聞こえませんあせあせ(飛び散る汗)
posted by ジーロンド at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

チェリーブロッサム・カーペット

店からほど近いアメリカ村にある御津八幡宮も散ってしまいました。
でもこれはこれで美しい光景です。 思わずパチリカメラ
         
sakura1.JPG
                   
神域という事で おおっぴらな花見が出来ないが故に こんな余情があるのでしょう。
ありがたいものです。
   
sakura2.JPG
        
これからはツツジの季節ですねるんるん 
ラベル:アメリカ村 花見
posted by ジーロンド at 08:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

黄色いガーネット

黄色い宝石が続きます。
一般に濃赤色と認識されているガーネット。 過去 緑やピンク、そして無色も紹介してきました。
緑のツァボライトとして知られるグロッシュラー・ガーネット(3CaO・Al2O3・3SiO2)には こんなイエローもあるんです。
         
y.grossular.JPG
      イエロー・グロッシュラー・ガーネット  0.39ct ミャンマー産        
この種のガーネットでは おそらく無色のリューコ(ガーネット)に次ぐレアな存在です。
 
様々なカラーが存在する この宝石ですがブルーの産出がないんです。
(例外的に昼光色光源下でのみブルーになる カラーチェンジ・タイプはあり)


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp

posted by ジーロンド at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

語源の楽しみ・黄色細工職人息子石

以前から気になっていた宝石ルースを入手しました。
過去、何色か紹介したスミソナイトのこの色が欲しかったんです。
              
yellow smithonite.JPG
        イエロー・スミソナイト  2.13ct イタリア、サルデーニャ島産          
スミソナイトの語源は人名ですが 突き詰めれば細工職人の息子の石、となることは既に述べました。
 
この鮮やかなイエローの発色の原因は、イタイイタイ病の原因でもあるCd(カドミウム)ですあせあせ(飛び散る汗)
実は この元素はこの鉱物から発見されました(和名 菱亜鉛鉱)眼鏡
旧名がカドメイアだったんです。
 
ギリシャ神話によると その美貌ゆえドラゴンに連れ去られたフェニキアの美女エウロペを探しにテーベに来た兄のカドモスがその地に建国したのがカドメイア(カドモスの地)。
どうもこの鉱物が産出していた為、そのまま この名が付けられたと思われます。
 
美女エウロペは後に雄牛に変身した最高神ゼウスにナンパされハートたち(複数ハート)クレタ島で身ごもります。
 
このエウロペこそヨーロッパの語源なんです目
 
ついでに申しますと中東の海洋民族国家だったフェニキアは、現代のアルファベットを発明したといわれますが、アルファベットは AB・・・のギリシャ読み アルファ、ベータに因ります手(チョキ)
posted by ジーロンド at 08:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

意外っ!!大阪・アメリカ村に桜

若者のカジュアルファッションの街、大阪・アメリカ村は今、春休みで賑わっています。
ふと 街角に例の国母選手(英語でカントリー・マァムあせあせ(飛び散る汗))が立っていそうな感じ・・・。
 
もとより 満開のの花とは無縁な場所って気もしますが、実は・・・あるんです眼鏡
     
あめ.JPG
         
アメリカ村の中心地BIG STEPの一つ南の通りにある御津八幡宮(みつはちまんぐう)です。
 
昨秋 この2つ南の通りに小さな店を出した時から、春のの開花を楽しみにしていました。

amesakura1.JPG
祭神は誉田別命(応神天皇)
  
amesakura2.JPG
       
でも大阪のお天気 明日、明後日は雨予報・・・。
週末までは「雨に負けぬ花」(S&Gの名曲)であって欲しいもの・・・。
posted by ジーロンド at 08:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

宝石の本いろいろ・・・その2

自分の書斎を持つ・・・男の夢のひとつですね。
自宅は狭いマンションなので かさ高い宝石の本は店に持って来ています。
また何点か紹介しましょう。
  
mushori.JPG
   
加熱・非加熱にこだわりたいワタシには必携の宝石図鑑
子供の頃からウチで図鑑を見るのが好きでした。 体が弱かったもので・・・あせあせ(飛び散る汗)
      
gemstonezukan.JPG
      
これまた宝石図鑑。 宝石ルースや原石の種類・数が豊富です。
 
以前から是非とも欲しかった洋書もやっと入手しました。
         
photoatlas.JPG
    
4年前に死去した宝石学者エドワード・J・ギュベリン博士の宝石インクルージョンの本(共著)です。
某有名通販サイトよりもイギリスのFGA(英国宝石学協会)本部の方がずっとお得に購入できたんで喜んでまふ手(チョキ)
posted by ジーロンド at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

湯どうふの季節

寒い冬の夜、自宅での夕食メニューはほとんど湯豆腐なんです。
晩酌の日本酒がマッチしますし・・・(*^。^*)
 
湯豆腐用のつゆもありますが基本はポン酢
地元 大阪では旭ポン酢が有名ですが、今回試したのはコレ!
        
shoukiya.JPG
しょうきやのポン酢
       
と言っても宝石万華鏡を見にいらしてくださったお客様からの頂き物なんです。
(ありがとうございました〜わーい(嬉しい顔)
マスコミにも取り上げられて有名なんだそうです。
正直知りませんでした。
しかも高校の友人の実家のある平野区流町(ながれまち・カッコイイ町名)で製造。
何度も遊びに行ったのに(ギター持ってあせあせ(飛び散る汗)) これまた知りませんでした。
(当時は南海・平野線・路面電車が走っていました。)
 
さて、お味の方は・・・見た目も味も濃い感じ、酸っぱすぎず美味い、ちょっとびっくりしたのが最後まで全然くたびれずポン酢を足さずに完食できたこと・・・。
昭和なワタシにとって経済的でうれしいもんです。
 
でも そろそろ桜の季節を迎えます。
ワタシの湯豆腐シーズンも終わろうとしています。
ラベル:湯豆腐 ポン酢
posted by ジーロンド at 08:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

酒神の夜への前奏曲

店が終わって時には一杯ひっかけて帰ることがあります。
ミナミの繁華街はすぐそこ・・・さすがに食い道楽、大阪のコアな所です。
    
tonbori1.JPG
           
このネオン、先日カラオケのモニターで見ましたカラオケ
有無を言わせぬ説得力exclamation×2
          
tonbori2.JPG
         
織田作之助の小説「夫婦善哉」にも登場する関東煮(かんとだき・おでんの事)の老舗、「たこ梅」。
弘化元年(1844年)の創業ですから160余年・・・すごい!!
店づくり、店内の雰囲気も落ち着いていて実にまったり〜(笑)
日本酒は錫の酒器で出てきます。 いつも厚揚げと大根からのスタートスキー
          
tonbori3.JPG
       
千日前の蕎麦屋さん「多華」。 カウンターだけの小さ店ですが、そば粉100%がウリです。
ここは日本酒は置いてないので、そば焼酎のそば湯割り。 ヘルシーな気がします。あてはさつま揚げ。
しめはシンプルにもりそば大をたぐる・・・
      
tonbori4.JPG
           
有名なラーメン屋。 最近はご無沙汰ですが独身時代 週末は夜通し飲んだ朝方 ここのラーメンを食べて帰宅してました手(チョキ)
posted by ジーロンド at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする