2017年04月21日

ダイヤモンドのカラット計算法

ダイヤモンド原石のざっと70%は、58面 ラウンドブリリアント・カットに仕上げられます。

輝きを最大限に引き出すカットです

2013_0726_105419-DSC02139.JPG


実は、その直径からおおよそのカラット数を計算できる便利な式があります。

直径の3乗×0.00365 という式。

例えば、直径6.5mmの石であれば、6.5×6.5×6.5×0.00365=1.002・・・。
つまり、1カラットのダイヤモンドの直径は、約6.5mmなのです✌

お手持ちのダイヤモンドで、試しに測って計算してみて下さい

さてこの度、お客様がタンスにしまったままで全然使ってない立爪リングを、リフォームさせて頂きました。

 
2011_0606_131030-DSC04746.JPG
 
文字通り 宝の持ち腐れ・・・
 
2013_0510_192256-DSC01087.JPG
 

予想以上の仕上がりに、お客様は大感激でしたよ🎵

リフォーム料金の方は、コチラのページを参考にして下さい

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]



posted by ジーロンド at 13:58| Comment(4) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

今年のトレンドカラーは?

PANTONE社が発表した今年のトレンドカラーは、イエローグリーン。



イエローグリーンの宝石といえば、まっ先に思い浮かぶのはコレじゃないでしょうか?

2014_0625_135631-DSC05778-thumb-240x240-981.jpg


やっぱり
あなたもそうでしたか?

この宝石で製作したジュエリーを、コチラのページに載せてみました。
あわせてぜひご覧下さいませ

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 12:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

K18のKって、何のこと?

あるお客様から、こんな質問を受けました。

「K18のKって、金(きん)の頭文字 Kのことなんですか?」

  
2010_1212_150328-DSC03461.JPG
 

「トロイ・オンス」という、純金の取引で使用される重量の単位があるんです。

実際は、1トロイオンス=1/12ポンドで、31.1033gです。

中世フランスで繁栄した通商都市 トロア(Troyes)に由来する名称。

この単位、今でも1日=24時間として残る、古い二十四進法で、1トロイ・オンス=24K(karat、カラット)と定められています。

純金=24Kってワケです。
(*宝石の重量単位、0.2g=1カラットは、語源は同じイナゴ豆(carob)から派生したものですが、綴りはcaratなので要注意。)

さて、K18(18金)の意味。
18/24karat つまり金の純度が75%ですよ、という事を示しています。
海外製のジュエリーには、よく750の刻印がありますが、同じ意味です。

また、同様にK14は、金の純度が58.3%いうワケ。

したがって、決して K=金じゃありませんよ

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

宝石に残された「神の指紋」

宝石用語「インクルージョン」は、一般に内包物や包有物と訳されます。

長い結晶生成の過程で、主たる宝石(ホストジェム)の中に不純物が取り込まれる事は、いたって普通です。

特にカラーストーンは、特徴的なインクルージョンが、却って個性を引き立たせるケースがしばしば。
熱心な宝石ファンに愛好される物だってあるんです。
こんな感じでイギリスGem-A機関紙の表紙を飾ることも・・・。 

 
inclusion3.JPG
   

さて、インクルージョンの研究で多大な貢献をしたのが、故エドワード・J・グべリン博士です。

その研究の集大成ともいえる著作「フォトアトラス」は、お店でご覧いただけます。
写真だけでもじゅうぶん楽しいんですよ♪

 
inclusion1.JPG   inclusion2.JPG


はじめに紹介した雑誌の表紙のインクルージョン写真は、ロシア・ウラル産のデマントイド・ガーネット。
その特徴的な「ホーステール(馬のしっぽ)」と呼ばれるマニア垂涎のもの。

この宝石 イタリア、ナミビア、マダガスカルなどでも産出しますが、ホーステールが入るのはロシア・ウラル産だけ。
産地まで特定できるという実に貴重なインクルージョン。

 
2016_0530_105640-CIMG0898_237x180.JPG


色、テリ、そして美観を損ねない ほど良いホーステール・・・たまりませんぴかぴか(新しい)
  

最後に、グべリン博士の残した名言を紹介しておきましょう。

「これらのジュエリーの中に、数千年前にも遡る過去の天然記念物が存在する事を知っている人は殆どいない・・・貴石は、その神秘を探る事が出来る人には、ファラオがメンフィスに建てた巨大なピラミッドに負けない位興味深い物語を語りかける。
その壮大な内なる宇宙は『神の指紋』と呼ぶのが最もふさわしいのではないか。」

           ー宝石鑑別手段としてのインクルージョン、1953年ー 

「見たことのない宝石がいっぱい!」

ジュエリー ジーロンド
地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 20:46| Comment(4) | TrackBack(1) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

ノンヒート さらに”お墨付き”

宝石の島 スリランカで、昔から「ラトナンジュ(宝石の王)」と讃えられてきたのが、この宝石です。

2016_0428_105911-DSC09587_240x179.JPG


中世の宝石デザイナー兼細工職人だったイタリア人 ベンべヌート・チェリー二は、その宝石の価値を「ダイヤモンドの8倍」と考えてたそうです。

一般に、加熱処理(エンハンスメント)されて流通しますが、このジュエリーは無処理。
つまりノンヒートです


さらにさらに、信頼性の高い鑑別機関から この宝石の最高級品という”お墨付き”認定を受けました。

詳しくは、更新したホームページをご覧下さいませ


「見たことのない宝石がいっぱい!」


ジュエリー ジーロンド
地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

クリソプレーズのタイバー

ずっと昔使っていたタイバーが、ひょこっと出て来ました。

天然のグリーンの瑪瑙、クリソプレーズがセットされた物なんです。

2012_0329_114124-DSC07070.JPG
 

幼稚園がみどり組だったし、幼少の頃から大好きな色でした。

アップルグリーンと形容されるこの宝石も、安価ながら好きです。

別名 オーストラリアひすいとも呼ばれますが、あくまでも瑪瑙。

縞目のないカルセドニーの一種で、アップルグリーンは、Ni(ニッケル)に因る色です。

歴史上有名なかのアレキサンダー大王は、この宝石をお守りにして、東方遠くインドまで遠征したそうです。

そんなエピソードを思い出したら、また使ってみたくなってきました(笑)

「見たことのない宝石がいっぱい!」

ジュエリー ジーロンド
地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 13:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

ひすいの色について

piedra de ijada ピエドラ・デ・ジャーダ、スペイン語で「腰の石」。

そんな語源の宝石が、ジェダイト 和名 ひすいです。

漢字の「翡翠」は、野鳥 カワセミの羽の意味。

yjimage (10).jpg


その代表的な色は、もちろんグリーンです。

実は、コランダムやベリル同様、いろんなカラーヴァリエーションがあります。

2010_1109_145011-DSC03200.JPG
 

店に常備しているこのルースたち、びっくりされる方も多いのですが、全て天然色のひすいです。

色の原因は、それぞれが微妙。

 
   左から3つ 赤褐色〜黄色は、結晶粒子間に入るFeO(酸化鉄)に因る
  
  次の2つ 青〜紫は、結晶構造中にあるFe(鉄)〜Ti(チタン)に因る
  
その右の無色透明 ほぼ純粋なジェダイト
  
その右2つ、いかにもひすいらしい色は、結晶構造中にあるCr(クロム)に因る
  
そして、一番右のブラックは、結晶粒子間に入るC(炭素)に因る
 

低温高圧という、極めて珍しい条件で生成したこの貴重なひすいたち・・・。

それぞれのストーリーを持って今、我々の前に存在してくれています。


久しぶりに、美しいルースが入荷しました。

2016_0630_110346-CIMG1114.JPG


ホームページにも掲載しました。

モバイル対応にもなったことだし、ぜひご覧頂きたいと思います


「見たことのない宝石がいっぱい!」

ジュエリー ジーロンド
地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]


posted by ジーロンド at 12:02| Comment(4) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

宝石を使って金環日食♪

連日 猛暑が続きますね
宝石を使っての金環日食で、しばしの涼をとってみましょう♪

2012_0521_113030-DSC07685.JPG


その直前、燦燦と照りつける太陽☀

2012_0521_112839-DSC07682.JPG


いよいよ右上から欠け始めてきます。
壮大な宇宙のドラマの幕開けです。

2012_0521_112913-DSC07683.JPG


ををを〜、金環日食になりました。
さすがに辺りは暗くなってます。
ちょっと涼しいかも

2012_0521_112959-DSC07684.JPG

欠け終わりです。

使用した宝石は、もちろん 和名 日長石 サンストーンと、同 月長石 ムーンストーンでした

2016_0704_120655-CIMG1125.JPG


「見たことのない宝石がいっぱい!」

ジュエリー ジーロンド
地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 14:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

人気の鉱物 クリソコーラの変種

お気に入りのマイコレクションのひとつです。

2009_1117_153912-DSC00976.JPG
照明の当たる部分に注目。硬度の低い石は、ややざらざらしている。


鮮やかなブルーとグリーンが織りなす、ユニークな模様が味わい深い鉱物 クリソコーラ。

鉱物ファンにも人気ですが、惜しむらくは、モース硬度2〜4と非常にデリケート。

空気中のチリやホコリには、モース硬度6や7の長石、石英が含まれています。
なので、そのまま置いてるだけで石表面は摩耗して、艶がなくなってきます。


ところがなんと!ラッキーなことに、その石英分が沁み込んで、硬度が増して宝石になったモノが存在します。

2015_0606_110420-DSC08153.JPG
石表面が滑らかなのは、硬い石です。


見ての通り、石表面のテリがいい。
つまり硬度が、高くなったってワケです。

カラーストーンのファンは、宣伝や流行に踊らされない、自分の価値観を持たれてる方が多いです。
このルースを産した鉱山は、その名もインスピレーション鉱山♪

そんなルースファン垂涎の商品を、ホームページに掲載しました。
あわせてご覧下さいませ🎵

「ダイヤモンドを超える感動をあなたに」

ジュエリー ジーロンド
地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

ジュエリーの保管について

空気中の塵の中には、石英や長石などの鉱物が含まれています。
前者はモース硬度7、後者は同6。

知人が、お守りとして自宅居間に水晶玉を置いていました。
10数年間経過して、触って見て上部がざらざらに磨滅していたのに驚いたそうです。

そう、犯人は同じ硬度の塵に含まれる石英です。

もう12年前のこと。
心斎橋そごう リニューアルオープンの際に、”ブルガリ展”がありました。
そこに、1970年日本万国博を記念して製作された南洋真珠のジュエリーが展示されてたんです。

その真珠表面をよく見ると、やはり摩耗の跡がありました。
ケースに保管してても、30数年で真珠も表面のテリがなくなるんですね。

あ、フォローしときますね!
真珠層を1枚剥いでしまうと、中のキレイな層が出てくるので、元通りの見栄えにはなるんです。
真珠層の厚い南洋真珠なら問題ない処置です。

前置きが長くなりました(汗)
要は、モース硬度7以下の宝石ジュエリーは、必ずケースにしまって保管して頂きたいんです。
特に、例に出した真珠、さんご、こはく等生物由来の宝石。
 
自宅PC 933.JPG
モース硬度3.5のさんご、10のダイヤモンドの次に覚えやすいかも(笑)
 

また オパール始めトルコ石、ラピス・ラズリ、ラリマー等不透明な宝石も、やや硬度が低い。
やはりケースに入れての収納をおススメします。

くれぐれも、屋内でも裸で出したまんまにしない様に。
 
2011_0312_124853-DSC04290.JPG
グリーン・オパール ペルー産
  
自宅PC 018.JPG
ラリマー ドミニカ共和国産
 

そんな平素の気配りこそが、受け継ぐ人にも大切にされるジュエリーの真髄だと思います。

「ダイヤモンドを超える感動をあなたに」

ジュエリー ジーロンド
地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 11:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

「お客様の声」世界一珍しい宝石の指輪編

「比較的ハッキリした色の方が好みの私ですが、今回はこちらの石のお話をオーナーから聞くうちに、手元に置きたくなり購入しました。
世界一珍しい宝石というエピソードも、大変気に入りました♪

PockyIcon_9R7akoDhYBe1_240x240.jpg

当初は、なかなかイメージに合うリング枠が見つからなかったのですが、オーナーにいろいろ枠を探して頂いたおかげで素敵なリングに仕上がりました。
ありがとうございます。

2012_1020_203030-DSC09067.JPG


毎回オーナーの宝石にまつわるお話は、大変興味深く時間を忘れて聞き入ってしまいます(笑)」


「お客様の声」から抜粋しました♪

そのほかのお客様の声も、ぜひご覧頂きたいと思います


「ダイヤモンドを超える感動をあなたに」

ジュエリー ジーロンド
地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

おたまじゃくしがカエルになれた同窓会

小学校時代の同窓会が、近所の道頓堀ホテルで催されました。

2009_1012_105134-DSC00843.JPG


このユニークな玄関が名物、観光スポットにもなっています。

担任をして頂いた先生が、私たちの詩集を持参して下さいました。
先生の字もインクの色も懐かしい・・・♪

2015_0125_124049-DSC07396.JPG


お恥ずかしいのですが・・・あせあせ(飛び散る汗)

2015_0125_123955-DSC07395.JPG


今読み返せば、確かに書いた記憶が蘇ります♪


さて、一次会のあと、店に戻るつもりだった私は、スーツのいで立ち。

胸元には、愛用のタックピンがぴかぴか(新しい)
2013_0307_152327-DSC00400.JPG


2013_0304_104939-DSC00365.JPG


40ン年かかって、ようやくカエルになれた気がしました(笑)

2015_0125_130605-DSC07399 - コピー.JPG


先生方、皆さま お疲れ様でした。
そして、ありがとう!!
本当に楽しい充実した一日でしたるんるん

ジュエリー ジーロンド
地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp
posted by ジーロンド at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

すっぴん美人さん いらっしゃいませ♪

緑色を代表する宝石 エメラルド。
ルビーやサファイア同様、希少性が高く、昔から尊ばれてきた歴史があります。
あの女王クレオパトラも、ことのほか愛した宝石だそうです。

この宝石、過酷な条件で結晶するため、キズ(内包物)が多いという特徴があります。
なのでそれらを目立たなくさせるために、オイル含浸処理が普通に施されています。

一方で、長年の経年変化でオイルが抜け、隠れていたキズが目立つようになるという欠点も指摘されます。

2013_0131_202050-DSC00037 - コピー.JPG


写真のルースは、そんな心配のない無処理のエメラルド。
見つかった原石から透明度が高く、オイルを入れる必要がなかったというすっぴん美人るんるん

久しぶりの入荷は1ピースのみですが、年末という事でホームページにて特別公開します。

さあ、どうぞご覧ください!

ジュエリー ジーロンド
地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp

posted by ジーロンド at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

神戸ルミナリエで思うこと

ざっと20年前 私は、西宮・夙川駅前のグリーンタウンというショッピング施設にあったジュエリー店店長を勤めておりました。

ある日 お互いの行き違いがあって、Tさんという客様からお叱りを受けたことがありました。
以来、その方はパッタリお店に寄りつかなくなってしまわれたんです。

ずっと気にはなってましたが、バブル経済の余波もあり、店の売り上げは順調。
近隣のお店のひんしゅくを買いながら(笑)エプロン掛けて呼び込みをしたり、張り切ってた日々を送ってました。

半年ほど過ぎたある日のこと、すっかり足が遠のいていたTさんが、「あんた、よ〜頑張ってんね〜。」と、慈悲深い微笑みを浮かべて私に話しかけて下さったんです。
それはそれは嬉しかった!!
ずっと見ていて下さったんですね。

その2〜3日後に あの忌まわしい阪神大震災。
新聞の犠牲者欄に、数人のお客様の名前を見つけました。
そのなかに、あのTさんの名前も・・・。


2014_1206_213934-DSC07085.JPG



2014_1206_220614-DSC07094.JPG


2014_1206_220643-DSC07096.JPG


神戸ルミナリエももう20回目。
やはり、あの当時のことを思い出してしまいます。。
今もジュエリーの仕事で生かされてる幸せに、ただただ感謝です。    

2014_1206_220651-DSC07097.JPG



地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ジュエリー ジーロンド
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp
posted by ジーロンド at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

好評です♪ 新しいお店案内動画

先日アップしたお店紹介のYouTube動画が好評です。

YouTubeアカウントをお持ちの方は、いいね!をして頂けると喜びます<(_ _)>


2分30秒のこの典雅なバロック音楽は、フランスバロック音楽の大家フランソワ・クープラン作曲。

2014_1116_154709-DSC06945.JPG


「神秘な障壁」または「神秘なバリケード」というクラヴサン曲です。

演奏は、ロベール・ヴェイロン=ラクロワというフランスの鍵盤楽古器奏者。

もう30年以上 愛聴しているCDです。

あ、「バロック」って言葉の意味は、「いびつな真珠」だとか。

「いびつ」どころか、「端正な」名品だと思いまするんるん

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ジュエリー ジーロンド
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp

posted by ジーロンド at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

正式名称はブルーゾイサイト

ジュエリー業界でも、少数派かも知れませんね。

この宝石の正式名称をご存じな方は・・・。

2014_0903_160634-DSC06415.JPG
タンザナイト 1.57ct 0.29ct タンザニア


正式名称は、完全に押し出された印象です(笑)

まあ、宝石名としての語感も確かにタンザナイトの方がいいし・・・。

発見されたのは、1967年。

まだ50年に満たないんです。

それでも人工光 自然光を問わず美しい宝石。

気品も備わった深みのあるブルーなので、相変わらずの人気宝石ですぴかぴか(新しい)



地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ジュエリー ジーロンド
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp

posted by ジーロンド at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

極めて珍しいエメラルドカットの・・・・・

まずは、写真を・・・

2014_1017_191427-DSC06698.JPG


このエメラルドカットのセンターストーン。

じつは、0.695ct パライバトルマリン。

しかも、本家ブラジル産のです。

この宝石のエメラルドカットって、記憶にありませんけど私・・・。


クリアさが秀逸。

なのでエメラルドカットを施したのでしょうね。


これなら、オンリーワンのジュエリーと呼べましょうねるんるん


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ジュエリー ジーロンド
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp
posted by ジーロンド at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

さて、この宝石は何でしょう?

この写真のルース、パッと見 ダイヤモンドと思われるかもしれません。

むしろ、もっと出会う機会は少ない宝石です。

 
2012_0407_105917-DSC07157.JPG
カラーレス・ジルコン 1.92ct タンザニア産


写真では判然としないかもしれませんが、複屈折の天然宝石。

裏側のカット面がダブって見えるんです。

これが、単屈折のダイヤモンドとの決定的な差です。

産出したばかりの原石は、赤褐色。

400℃くらいの加熱処理が施されると、こんなカラーレスやブルーに変じます。

組成は、酸化ジルコニウムと酸化ケイ素(ZrSiO4)

似た名前の人工石 キュービック・ジルコニア(ZrO2)とももちろん異なります。

カラーレス宝石コレクターなら、ぜひ揃えておきたい一品ですぴかぴか(新しい)

ジュエリー ジーロンド
地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp

posted by ジーロンド at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

ダイヤモンドを超える輝きの希少宝石

ダイヤモンドには、虹色の煌めきを発するファイアという特徴があります。

日本語でその数値を分散度といい、ダイヤモンドのそれは、0.044という値。

ブルーの希少宝石 ベニトアイトも全く同じ数値です。

また、”ダイヤモンドのような”輝きのデマントイド・ガーネットは、さらに上回る0.057。

それらの宝石を圧倒する高い数値 0.156を誇るのが、このスファレライトです。

2012_0522_184234-DSC07698.JPG


ただし、自らの色が強いと、虹色は目立ちません💧

組成は、ZnS  硫化亜鉛で、和名は 閃亜鉛鉱。

Zn(亜鉛)の原料の鉱石です。

共に産出する方鉛鉱と混同されるので、「あてにならない」という意味のギリシャ語spalerosが名の由来。

当店にもファンの方がいらっしゃいますが、ジュエリー製品にしないようにお願いしています。

なぜなら、モース硬度3.5と、非常にデリケート。

あのフォスフォフィライトと双璧です✨

カットした職人の匠の技をずっと感じていたい、そんなコレクターの方にはおススメの希少宝石。

「見たことのない宝石がいっぱい!」
ジュエリー ジーロンド
地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


posted by ジーロンド at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

タンザナイト鉱山から産出するツァボライト

タンザナイトを産する鉱山として知られるのが、タンザニアのメレラニ鉱山です。

この鉱山からは、稀に非常に美しいツァボライトも産します。

コレがそうなんです・・・

2012_0625_183550-DSC08104.JPG


ね?キレイでしょ?

やや青みを湛えたとりわけ美しいツァボライト

通常のツァボライトより高値で取引されています。

発色の原因のV(バナジウム)に比べて、Fe(鉄)の含有が他の産地の物より少ないからだそうです。

一般に、Feの含有は、宝石その色を暗くします。

確かにFeを主成分にするガーネット アルマンディンは暗い色ですよね。

こんな蘊蓄も、カラーストーンを語る楽しみの一つですね🎵


ジュエリー ジーロンド
地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp





posted by ジーロンド at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa