2017年07月13日

”中之島をウィーンに!” テレマン協会コンサート

そのコンサートは、キャッチフレーズが「中之島をウィーンに!」

2017_0711_182924-RIMG2022.JPG


中央公会堂でのテレマン室内オーケストラのコンサート。
18世紀に使用されたクラシカル楽器での演奏です。

2017_0712_180104-RIMG2037.JPG


演目は、モーツァルト ピアノ協奏曲第17番ト長調。
そしてベートーヴェン 交響曲第6番「田園」へ長調。

いづれも大好きな曲でした

絶対音感を備えていない私でもわかった低いピッチは、430Hzとか。

あまり聴き慣れないフォルテピアノの音色は、粒立ちが良く典雅。
快活な第三楽章のテーマは、モーツァルトが飼ってたムクドリがさえずったメロディです♪

2017_0711_192756-RIMG2024.JPG


演奏の合間に、フォルテピアノの中を見せて頂きました。

2017_0711_203058-RIMG2028.JPG


「田園」 特に第四楽章「雷雨、嵐」は、迫力の演奏!
第二楽章 8分の12拍子「小川のほとりの情景」も素敵

アンコールは、ベートーヴェンの「トルコ行進曲」でした。

指揮はいずれも延原武春さん。
10年前 当時勤務していた神戸元町のジュエリー店のウインドウを、しばしば覗いておられました。
きっと宝石もお好きなのでしょう。

2017_0711_204152-RIMG2032.JPG


またぜひ聴きに来たいものです

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

名ヴァイオリニスト ハイフェッツのエピソード

ジュエリーを天職としている私。
「受け継がれる美」という共通項があるせいで、クラシック音楽も大好きです。
今日は、その話題をご紹介しましょう♪


ロシア生まれの天才ヴァイオリニスト ヤッシャ・ハイフェッツ。
その超絶技巧は、たくさんのライバルたちのソロ・ヴァイオリニストへの夢をあきらめさせたと言われています。
2015_0202_093039-DSC07472.JPG


その彼の全米デビュー、カーネギーホールでのコンサートの終えた夜遅く、さるクラブで音楽関係者とささやかな打ち上げパーティーをしていた時の事。
彼に気付いた酔客の一人が、即興で何か演奏するよう要求してきたそうです。

「プライベートで来てるので・・・」と丁重に断るハイフェッツ。
そこに、別の席にいた老紳士が、つかつかと歩み寄って来ました。
「私が、ピアノ伴奏いたしましょう。」と申し出て、周りの客は盛り上がり。
いよいよ収拾がつかなくなってしまいました。

ついに即興でその二人 ベートーヴェンのヴァイオリンコンチェルトを演奏しきったそうです♪
歓喜する居合わせた聴衆たち。

そのピアノ伴奏を買ってでた老紳士 誰あろう?
一世代前の大ヴァイオリニスト フリッツ・クライスラーでした。

2015_0202_093206-DSC07473.JPG


この新旧の二大ヴァイオリニストの誕生日が、偶然同じ 今日2月2日(クライスラー 1875年、ハイフェッツ 1901年)なんです(*^^)v

何とも男前!なエピソードでしょ?

「ダイヤモンドを超える感動をあなたに」
地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

クラシック音楽ファンには、ちょっとウレシイ日♪

今日5月7日は、クラシック音楽ファンの私には特別な日なんです。 

まずは、1833年の今日北ドイツ、ハンブルクで作曲家ブラームスが生まれました。
  
2011_0909_125040-DSC05374.JPG

ヨハネス・ブラームス(1833・5・7〜1897・4・3)

 

偉大な先人 ベートーヴェンという呪縛から、最初の交響曲を構想21年を経てやっと完成させた苦労性の人物。

私は交響曲の第3番やヴァイオリン協奏曲、ピアノ四重奏曲がとりわけ好きです♪

ブラームス少年が7才の誕生日を迎えた1940年のこの日、ロシアではチャイコフスキーが生まれました。  
2011_0507_090625-DSC04642.JPG

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー(1840・5・7〜1893・11・6)


卓越したロマンティックなメロディメーカーですよね。
交響曲第5番の第二楽章や第6番第二楽章の五拍子なんか好きです♫

さらにもう一つ。 
今度はブラームス誕生から遡ること6年、1824年のこの日。
ウィーンで、あのベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」が、初演された日でもあるんです。 

2011_0418_074529-DSC04532.JPG

 
この日の初演中、ベートーヴェンは総監督として 指揮者の脇で目を閉じ腕組みをしながら、じっと聴いている様子でした。
長い演奏が終わり、聴衆の万雷の拍手が起こっても気付かず、目をとじたまんま。
この作曲家は、完全に耳が聞こえなくなっていたのです。

その様子に気付いたアルト歌手ウンガーが、作曲家の肩に手をやり聴衆の方へ振りかえらせた、というエピソードが残っています。

        *     *     *


幾世代にも渡って感動をくれる音楽は、やはり素晴らしいですね。

私共が提供させて頂くジュエリーも、そうあって欲しいと願って止みません。

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]



posted by ジーロンド at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

8月25日 レナード・バーンスタインの誕生日

1918年の8月25日は、作曲家・指揮者として活躍したレナード・バーンスタインが誕生しました。

ミュージカル映画「ウエストサイド物語」は、DVDで持っています。

2010_0619_103239-DSC02384.JPG


DVDで持ってるのに、衛星放送なんかがあるとやはり見てしまいます(笑)

さて彼の名前 バーンスタインって、実はある宝石の事なんです。

それは・・・・・

2014_0707_150511-DSC05926.JPG


そう、琥珀です。

ドイツ語で、Bernsteinは、「燃える石」の意味で、琥珀の事なんですね。

琥珀は比重が低い、つまり持った感じが軽いという特徴があります。

比重の値 約1.08は、食塩水につり合います。

プラスチック模造品はもっと重いので、沈むんです。

簡単な見分け方でしょ。

「ダイヤモンドを超える感動をあなたに」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

ベートーヴェン 交響曲第9番 「合唱つき」

12月16日は、かのL.V.ベートーヴェンの誕生日だそうです。

12月という月は、各地で「第九」のコンサートが催されますね。
これは日本だけに見られる現象だそうです。

なので、「第九」を世界で最も多く指揮した指揮者は、故・朝比奈隆さんと言われています。
かく言う私も、大阪フィルを指揮したその実演に二度触れる機会がありました。

「第九」は大好きで、先日もレコードから数えて9枚目のCDを購入しました。 
2013_1129_221212-DSC03644.JPG


フェレンツ・フリッチャイ指揮ベルリン・フィル 1958年の録音。
クラシック最大手レーベル ドイツ・グラモフォンが最初にレコーディングしたステレオ録音の「第九」。
不世出のバリトンと讃えられたディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウが録音した唯一の「第九」でもあります。

個人的には、合唱が入って盛り上がる第四楽章より夢幻的な第三楽章が好き。
このCDのゆっくりしたテンポが気に入ってます。

そうそう、そもそもCDの収録時間が70分余に決まったのは、「第九」を一枚で聴けるって事からなんです手(チョキ)
 
2011_0418_074529-DSC04532.JPG

スコアも所持しています。
今現在は、店のショーウインドウのディスプレイに使用中(笑)
2013_1212_153123-DSC03743.JPG

これからも第一楽章冒頭の空虚五度の六連音を、何度も聴くに違いありません。


posted by ジーロンド at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

ポール・マッカートニー大阪公演 in 京セラドーム大阪

先日、京セラドーム大阪で開催されたポール・マッカートニー 大阪公演へ行って来ました。 
2013_1112_180949-DSC03332.JPG

S席なのにステージめっちゃ遠いし・・・(汗)

同行してくれたのは、高校時代からの友人です。
開演前に生ビールで乾杯・・・(笑) 
ポールCAWRCB0I.jpg


さて、午後7時を回っていよいよポールの登場です♪ 
2013_1112_195521-DSC03346.JPG

ザ・ビートルズ「エイト・ディズ・ア・ウィーク」からスタート!

個人的に好きだったウイングス時代の「May be I'm amaized」も歌ってくれて感激! 
2013_1112_200102-DSC03352.JPG

感極まった友人は、4曲号泣してましたもうやだ〜(悲しい顔)

それにしてもポールは、スゴイ!
御年71才で、計37曲(友人による)歌い切りましたるんるん
しかも、原曲キーのまんま。

一生忘れられないコンサートでした。

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp

posted by ジーロンド at 17:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

私の音楽ウイークスタート♪

いよいよ明日、念願のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の大阪公演でするんるん 
2013_0701_171149-DSC01621.JPG

高校生の頃、初めて買ったクラシックレコード。
その流麗さに魅せられたのが、この楽団でした。
 自宅PC 759.JPG

購入したお店も価格もしっかり覚えています。

今夜眠れるかな・・・あせあせ(飛び散る汗)

そうそう、来週は ポール・マッカートニー大阪公演が、これまた控えていまするんるん
 
2013_1006_120513-DSC03002.JPG

まるで音楽ウイークですね。

先月投稿したブログ ヘレン・ケラーのエッセイにあったような日々。
きっと皆さまにも訪れるに違いありません。
posted by ジーロンド at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

ポール・マッカートニー大阪公演チケット当たりました〜!!

かねてより申し込んでいたポール・マッカートニー大阪公演のチケットが当たりました!!
2013_1006_120513-DSC03002.JPG


三次抽選でやっとです。

2013_1004_111200-DSC02979.JPG

ビートルズ時代の曲を、原曲キーで歌うそうです。

そんなこんなで、ゴキゲンな毎日を過ごしていまするんるん
posted by ジーロンド at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

まだ当たりません・・・ポール・マッカートニー大阪公演

申し込んで2週続けて外しています、コレ。 
2013_0926_185724-DSC02907.JPG


そう、ポール・マッカートニー大阪公演るんるん

現在、71才のポール。
おそらく最後のワールドツアーになるものと思われます。

縁起をかついで最近は、このネクタイばっか締めてる私あせあせ(飛び散る汗) 
2013_0914_114225-DSC02757.JPG


最終当選者の発表は、来週だそうです。

お願いだ〜、当たってくれ〜ぴかぴか(新しい)
posted by ジーロンド at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

人生初 ウィーン・フィルを生で聴きます♪

この11月にウィーン・フィル大阪公演があるんです。 
2013_0701_171149-DSC01621.JPG


個人的に一番好きなオーケストラで、レコード、CDも結構コレクションしています。

演目は、ベートーヴェン交響曲第4番、第5番。
いわゆる”傑作の森”と呼ばれる彼の輝かしい時期に作曲されたニ曲。

一度は生演奏聴いておかなくちゃと思い立ち、フェスティバルホールへ問い合わせると、既に完売たらーっ(汗)

だめで元々、キャンセル待ちを申し込んでおきました。

すると先日、ホールのチケット売場の方から電話がphone to 
2013_0701_171050-DSC01620.JPG


やった〜、ゲット〜わーい(嬉しい顔)

今からわくわく楽しみにしています。


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp
posted by ジーロンド at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

2年ぶり 想ワレのお二人が来店してくれました♪

女性デュオ 想ワレのお二人が、揃って来店して下さいました。 
2013_0624_192652-DSC01545.JPG

笑顔に若さと元気が満ちあふれていますね。

ギターとアイリッシュハープという珍しい取り合わせるんるん

2年前、アメ村BIG STEPでミニライブがあった時も、来店して下さいました。 
2011_1105_131628-DSC05760.JPG


また、ライブにも顔を出させて頂きますね〜ぴかぴか(新しい)

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp
ラベル:想ワレ BIG STEP
posted by ジーロンド at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

JEWELな歌 ニ曲

英語の”jewel”は単体名詞で、”jewelry”は集合名詞なんだそうです。

店に常備している「ジュエリー言語学」(桃沢敏幸著・柏書店松原刊)に載っていました。

その”jewel”がタイトルに付く歌で、好きなのが2曲あります。

まずは・・・
島谷ひとみ「JEWEL OF KISS」


そしてもう一曲が・・・
BoA「JEWEL SONG」

後者は、中国語タイトルが、「寶石情歌」だそうです・・・伝わりますね(笑)

どちらもざっと10年ほど前のヒット曲で、エイベックスからリリースされています。

YouTubeでしばしば聴いてるんでするんるん
posted by ジーロンド at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

USENのBGM

店のBGMに使っているUSENのガイド冊子が届きました。
2012_0927_170114-DSC08784.JPG
2012クリスマスBGMセレクションって早っあせあせ(飛び散る汗)
年に四回の発行みたいですね。

イギリスのワイン販売店で面白いBGMの実験結果が載っていましたバー
店内にフランス音楽を流すとフランスワインを、ドイツ音楽を流すとドイツワインを選ぶお客さんが多いそうです。

当店では開店準備の時、あるいは営業時間もいばしば最新J−POPチャンネルを流しています。
色んな曲が流れる中で、最近特に気に入ってる曲はコレ。
 

fimika「その声消えないよ」
このPVも素敵ですね揺れるハート

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp
posted by ジーロンド at 17:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

好きです! ビートルズ♪

なんとなくイギリスびいきなのも、たぶんビートルズが好きだったせいかもしれません。
2010_0221_092531-DSC01612.JPG

もちろんレコードの時代から聴いてきました。
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドはやはり名盤ですね。
2010_0221_092618-DSC01613.JPG

アビーロードも大好きexclamation×2
B面のメドレーは最高るんるん
つい先日も、ジャケットの横断歩道を逆に渡っている幻の写真がオークションで落札され話題になりましたね。
私は、20年程前にロンドンへ行きましたが、もちろんその聖地へも足を運びました。
2011_1021_135908-DSC05586.JPG


若い頃は、友人たちとコピーをしてましたるんるん
2011_0314_223521-DSC04313.JPG

何故か白黒・・・たらーっ(汗)

アメリカ村でも何軒かのお店は、BGMにビートルズを使用しています。
私も、店オープン前の掃除の時には、最近ビートルズを流しているんでするんるん



posted by ジーロンド at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

天体ショーとホルスト「惑星」

昨日の夜、店の前で天体ショーの写真を撮ってみました。
三脚もない、愛用のデジカメ、フリーハンドですが、まずまずの写真あせあせ(飛び散る汗)
上から、金星  木星の順です。
好天に恵まれたアメリカ村でした。
 
2012_0326_190756-DSC07058.JPG
 
都会の照明と高層ビルが増えたことで、最近 星空を見る機会が減っていました。
しばらく前から、木星が大きく見えて、宵の明星 金星に接近してる神秘的な夜空が気になってたんです。
 
G.ホルスト作曲の組曲「惑星」の第2曲が、「平和の神 金星」ですね。
 
 
昭和51年、友人宅で初めて聴いた富田勲のこのレコードとの出会いが、その後のクラシック音楽好きになったキッカケでしたるんるん
実は、作曲者はその遺言で、この組曲のアレンジは認めませんでした。
この新鮮なシンセサイザーの演奏は別格だと思います。
もちろん、CDで買い直しています。
  
この組曲のクライマックスは、第4曲 「快楽の神 木星」です。
 
 
初めて聴いて以来、36年間 全く色あせる事のない名曲です夜
posted by ジーロンド at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

初体験! 蓄音機コンサート♪

先日、生まれて初めて、目の前で蓄音機の音を聴く機会がありました。
昭和5、6年製 ゼンマイ型蓄音機ですexclamation
 
2012_0201_191304-DSC06597.JPG
 
場所は、なんば南海通りの大阪みやげ店いちびり庵の3Fです。
 
2012_0201_201709-DSC06604.JPG
 
毎月1回恒例のイベントだそうで、今回は戦後歌謡界のスター 青木光一の名曲の数々を聴きました。
全く知らないお名前でした(失礼)あせあせ(飛び散る汗)
 
2012_0201_200448-DSC06599.JPG
 
進行して下さるのは、大阪市史料調査会 古川武一さん。
戦後歌謡史の流れや、時代を彩ったヒット曲の話は実に面白いです。
それに、想像してたよりも音がイイるんるん
 
2012_0201_200151-DSC06598.JPG   2012_0201_200904-DSC06600.JPG
当時のレコードは割れやすく78回転/秒
 
「元気でね、左様なら」「小島通いの郵便船」「柿の木坂の家」・・・。
全く聞いた記憶がない歌のオンパレードですが、どの歌も情緒があります。
終止感がハッキリしてるので、あとの拍手がしやすい曲作りになってます(笑)
  
  
参加者が、私より若い方が多かったので、さすがに誰も知らない、聞いた事がない・・・たらーっ(汗)
そんな中、ワイフが手を挙げて「私、知ってます! 亡くなった父がよく口ずさんでました。」カラオケ
 
  
ところで、このゼンマイ式蓄音器、電気は不要なので、屋外でも使用可能なんだそうです。
但し、欠点が・・・音量調節ができないんです。
音量を上げたい時はどうするのか???
コレですexclamation×2
 
2012_0201_201109-DSC06601.JPG
 
鉄製のレコード針を、より太い物に交換するんですってあせあせ(飛び散る汗)
当然ながら、盤も針も摩耗を早めてしまいます。
で、昔の人は、気に入った曲のレコードは何枚も買い換えてたんだそうです。
 
思えば、レコードを聴くって行為は結構手間だったんですね。
昔の私も一度針を盤の上に落とすと、片面終わるまで真剣に聴いていたような気がします。
家に帰って久しぶりにLPレコードを聴いてみたくなった夜でした音楽
また是非参加したいと思います。
posted by ジーロンド at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

想ワレ 二人揃っての来店

インディーズの女性デュオ、想ワレのお二人が昨日 揃って来店してくれました。  
2011_1105_115733-DSC05758.JPG
 
午後から、アメ村のランドマーク BIG STEPである、FMの公開生放送にゲスト出演する前に立ち寄ってくれました。
華奢な体でギターとオートハープを担いで、手荷物も一杯だったのに・・・。
 
*  *  *
 
まずは、当店自慢の宝石万華鏡を見て頂きました。
二人とも大喜びるんるん
次に色んな宝石ルースを見てもらいました。
私は、宝石の成り立ちやエピソードを語り始めると止まりませんあせあせ(飛び散る汗)
そんな私の横で、時々ギアチェンジをしてくれるのが、ワイフの仕事です。
そのかけ合い 時には、夫婦漫才と一部のお客様にはウケていますたらーっ(汗)
   
そろそろ出番という事で、ウチの店から徒歩2分半の仕事場 BIG STEPへ。
しばらく経って、私も見に行ってきました。
  
2011_1105_134335-DSC05765.JPG   2011_1105_134329-DSC05764.JPG
ちえみちゃん(vo、オートハープ)        えみこちゃん(vo、g)
 
2011_1105_134305-DSC05763.JPG
 
二人の伸びやかな歌声とハーモニーは、聴く人を元気にしてくれます。
あいにくの天候でしたが、逆に雲間から降り注ぐ太陽の様に温かい歌声でするんるん
曲作りも上手で、新撰組リアンにも楽曲提供をしています。
  
   
2011_1106_101831-DSC05772.JPG
 
来週の土曜日には単独コンサートもあります。
皆さんも応援してあげてね手(チョキ)
 
posted by ジーロンド at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

今日は5月7日・・・♪

今日5月7日は、クラシック音楽ファンの私には特別な日なんです。 

まずは、1833年の今日北ドイツ、ハンブルクで作曲家ブラームスが生まれました。
  
2011_0909_125040-DSC05374.JPG
ヨハネス・ブラームス(1833・5・7〜1897・4・3)
 

偉大な先人 ベートーヴェンという呪縛から、最初の交響曲を構想21年を経てやっと完成させた苦労性の人物。
私は交響曲の第3番やヴァイオリン協奏曲、ピアノ四重奏曲がとりわけ好きでするんるん

ブラームス少年が7才の誕生日を迎えた1940年のこの日、ロシアではチャイコフスキーが生まれました。  
2011_0507_090625-DSC04642.JPG
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー(1840・5・7〜1893・11・6)
 

卓越したロマンティックなメロディメーカーですよね。
交響曲第5番の第二楽章や第6番第二楽章の五拍子なんか好きでするんるん

さらにもう一つ。 
今度はブラームス誕生から遡ること6年、1824年のこの日。
ウィーンで、あのベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」が初演された日なんです。 
2011_0418_074529-DSC04532.JPG
 
この日の初演中、ベートーヴェンは総監督として 指揮者の脇で目を閉じ腕組みをしながら、じっと聴いている様子でした。
長い演奏が終わり、聴衆の万雷の拍手が起こっても気付かず、目をとじたまんま。
この作曲家は、完全に耳が聞こえなくなっていたのです。

その様子に気付いたアルト歌手ウンガーが、作曲家の肩に手をやり聴衆の方へ振りかえらせた、という逸話が残っていまするんるん


幾世代にも渡って感動をくれる音楽は、やはり素晴らしいですね。

私共が提供させて頂くジュエリーも、そうあって欲しいと願って止みません。

ジュエリー ジーロンド
地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 12:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

神戸 中島みゆきコンサート

昨夜、神戸の国際会館で、中島みゆきのコンサートに行って来ました。
ボクの独身時代、ラジオの深夜放送 オールナイト・ニッポンのパーソナリティーをされてた頃は、よく聴いたもんです。
実際にコンサートへ足を運ぶのは、実は今回が初めてたらーっ(汗)
 
2010_1210_112301-DSC03459.JPG
 
実は、最近の歌は殆ど知りません・・・(ゴメンナサイあせあせ(飛び散る汗)
でも、歌が上手いのはもちろん、軽妙なトークも往年の深夜ラジオを思い出し懐かしいやら可笑しいやら・・・わーい(嬉しい顔)
 
年賀状のテレビCMで、来年の干支 ウサギの着ぐるみを着たって自虐的に話してましたが、今日から放送らしいので楽しみです(笑)
 
最後はラフにジーンズ姿になりましたが、そのスマートさに唖然・・・揺れるハート
お顔も小さいしボクより7〜8才上かと思いますが、実にスリムで格好いいんでするんるん
見た目がか弱く見えて、その実、非常に強い・・・・・。
中島みゆきは、宝石に例えるなら ひすいだ、と思いました。
しかもいろんなキャラが混在するのもファンにとっては魅力ハートたち(複数ハート)
  
2010_1210_112813-DSC03460.JPG
超ミニ宝石博物館収蔵 ひすいコレクション
  
アンコールは、彼女の存在をビッグにしたボクも知ってるあの曲でしたるんるん今夜も公演がある為、ネタばれとなるので秘密パスワード
 
余韻覚めやらぬ中、足早に東遊園地のルミナリエに・・・ダッシュ(走り出すさま) 
2010_1209_213052-DSC03455.JPG
  
点灯してたのは残り5分だけあせあせ(飛び散る汗)でも大満足な夜でした(笑)
posted by ジーロンド at 13:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

想ワレ 〜心斎橋クアトロ・インディーズライブ〜

一昨日の土曜日、心斎橋クアトロでのライブに行きました。
妻は何度か聴きに行ってる女性アコースティックデュオ、想ワレのワンマンライブでするんるん
ライブへも本当にひさしぶりでした。
2010_0904_204629-DSC02888.JPG 2010_0904_202316-DSC02886.JPG
  
ステージと客席が間近で、その熱気はおじさんなボクにも伝わってきますあせあせ(飛び散る汗)
歌もいいしハーモニーもきれい。 生ギターもオートハープの音もグーです!
トークも関西弁(二人とも奈良出身)で天然の間(ま)が活きて爆笑ものわーい(嬉しい顔)
 
もちろんファンも大喜びでした。 想い想われてるのがよく伝わります。
  
2010_0904_211519-DSC02893.JPG
 
音楽はいいですね。
ある人の曰く「音楽は時間の宝石。」 イイ得て妙な言葉です。
彼女たちがメジャーになれるように応援していこうと思います手(チョキ)
posted by ジーロンド at 12:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする