2019年01月02日

謹賀新年「初売り」は1月3日から

あけましておめでとうございます。

旧年中はお世話になり誠にありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>



今年一年を 笑顔で過ごしたいあなたにおススメのジュエリーはコレ。

RIMG4068.JPG


お着けになって鏡で見てみましょう。
ご自分の口角の上がり具合がチェックできます(笑)


RIMG4069.JPG



ジーロンドの「初売り」は1月3日12:00スタートです!

Pleasure & Treasure

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]



posted by ジーロンド at 17:16| Comment(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

平成のうちに入手しておきたい宝石三種

まだ昭和だった時代に、ジュエリー業界へ入りました。
すでに業界歴30年超え、余裕で(笑)

いろんな宝石、ジュエリーと出会ってきました。
それらを、空を飛ぶ鳥のような目線で、俯瞰(ふかん)して見ることができるのが、ベテランの強み。

「平成最後の年」の今、入手しておきたい希少宝石を三種ご紹介いたします。

RIMG3673.JPG


テレビ「マツコの知らない世界」でも紹介された「赤いエメラルド」。
通称 レッドべリル。
2004年に採掘は終了しています。

RIMG3676.JPG


パライバトルマリンです。
特に、ブラジル産はこの所 品薄状態。
その価格もさらに高騰中です。

そしてぜひおススメしなければならないのは、コレ。

0408_103348-DSC09476-thumb-240x240-831.jpg


天然ピンクダイヤモンド!

オーストラリア アーガイル鉱山が、世界の供給量の90%を占めていました。
その鉱山は、2020年で操業停止だとか。
これまでの相場感は、くずれて来ています。

これらの宝石 当店に限らず、納得できるお品があれば、ぜひゲットされますよう。

遠くない将来に、大きな満足感を得ることができますよ。




Pleasure & Treasure

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 17:09| Comment(0) | ピンクダイヤモンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

ダイヤモンドのカラーは何が原因なの?

「ダイヤモンドは、炭素で出来てる」のは、ご存知な方もいらっしゃるでしょう。

では、1カラットのダイヤモンドには、いくつ炭素原子が並んでるでしょう?
なんと!「96億×1兆」個の炭素原子が整然と配列されてるそうです。

2016_1208_130849-2013_0726_105419-DSC02139-thumbnail2.jpg


ところがまれに、炭素の配列にイレギュラーが生じます。

炭素原子100万個に対して、10〜5500個の窒素原子が混じると・・・。

2016_1124_102828-RIMG0463.JPG


そう、イエロー ダイヤモンドに。


また、取りこまれた窒素原子の隣の炭素原子が欠けると・・・。

2017_0703_104622-RIMG1970.JPG


さらに珍しいピンク ダイヤモンドに。


そして、炭素原子1億個中に5個以下のホウ素原子が取りこまれると・・・。

2016_1122_102716-RIMG0447.JPG


そう、激レアなブルー ダイヤモンドになるんですって。


地下150〜200kmの深さ、5万気圧、1300℃の高温で生成されるダイヤモンド。
(このこと自体 すごい!)

研究者たちは、「地球深部からの手紙」と呼ぶんだそうですよ。

Pleasure & Treasure

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ピンクダイヤモンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

大富豪の名前がついた宝石

テレビアニメ「宝石の国」放映終了からもう1年ですね。

ずっと「宝石の国」ロス状態です・・・⤵

yjimage (12).jpg



左 ゴーシェナイトは、べリル族のカラーレスタイプ。
最初の発見地 アメリカ マサチューセッツ州 Goshen(ゴーシェン)に由来する宝石名。


右は同じベリル族のピンクタイプ モルガナイト。
銀行家だったアメリカの大富豪ジョン・ピアモント・モルガンに由来します。


yjimage (11).jpg
John Piermont Morgan(1837~1913)


宝石鉱物収集家としても知られ、ティファニー社の超がつく優良顧客。
社の顧問で友人の宝石研究家G.F.クンツ博士が、彼の名前から命名しました。


さて、どんな宝石かと申しますと・・・

RIMG3830.JPG


入荷したと思ったら、すぐに売れてしまいました(笑)

ご購入頂いたお客様の声は、コチラからご覧下さいませ。

Pleasure & Treasure

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 10:49| Comment(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

大阪万博に縁がある12月の誕生石

まだ小学生だった1970年 大阪万博へは、確か5度行きました。

最大の呼び物は、やはりアメリカ館で展示された「月の石」。

2時間半並んでやっと入館。
そしてガッカリしました(笑)


IMG_20181218_140137.jpg
ジーロンド アンバサダー コップのフチ子太陽の塔バージョン


わが国に初めてタンザナイトが紹介されたのもこの万博。

なんとなく記憶があるのです。


さて今年 商業名だったタンザナイトは、やっと正式な宝石名となりました。

   


すると、ご承知のように2025年の万国博開催地が、大阪に決定しました。

なんか縁があると思う今日この頃。

写真のネックレス詳細は、コチラのページでどうぞ♪

     
「Pleasure & Treasure」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]



posted by ジーロンド at 17:35| Comment(0) | タンザナイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

「世界一有名なルビー」はルビーじゃない!?

英国王室 戴冠式用の王冠 インペリアル・ステート・クラウン。

DSC_0715.jpg
むかしロンドン塔で買ったガイド本


この中央部に「世界一有名なルビー」がセットされています。
呼び名は、「Black Prince's Ruby(黒太子のルビー)」。

「黒太子」と呼ばれた英国 エドワード皇太子(1330〜1376)が、スペイン カスティリャ王国のドン・ペドロ王から贈られたもの。 

1415年 アザンクールの戦場では、絶体絶命の英国王ヘンリー5世を救ったと伝わる宝石です。

ところがこの宝石 実は、ルビーではなくスピネルだそうです

美しい色も産地もかぶるこの二種の宝石は、全く混同されてたんです。

スピネルはルビーとは違う鉱物だ!と指摘したのは、フランスの学者 ロメ・ド・リール。
フランス革命前の1783年のことでした。

でもむしろ、希少性は(レッド)スピネルの方が上だとされています。

マックス・バウアー(1844〜1917)は、名著「Edelsteinkunde(Precious Stones)」を書いたドイツの鉱物学者。
その著書の中で、宝石の価値基準を5段階に区別。
最上ランクの宝石に、ダイヤモンド、ルビー、サファイアと並んでスピネルを挙げています。



硬度もあって、エンハンスメントなしでも美しいスピネル。
当店でも人気の宝石です



地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

続きを読む
posted by ジーロンド at 12:49| Comment(0) | レッドスピネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

アニメ「宝石の国」に出てくる二つの宝石

テレビアニメ「宝石の国」が終了して、もう一年が経ちますね。

IMG_20171224_001351_583.jpg


年明けの日本宝石学会のシンポジウムは、この「宝石の国」がテーマだそうです。

RIMG4061.JPG



そのキャラクター宝石ふたつ。

RIMG4060.JPG


いずれもアメリカ合衆国だけで産出した超稀産の宝石。

しかもどちらの鉱山も既に閉山しています。




今後間違いなく 市場で見る機会は減ってきます。

今ならまだ出会えます・・・。

詳しくはコチラのページでご覧いただけます。

Pleasure & Treasure

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]


posted by ジーロンド at 10:33| Comment(0) | レッド・ベリル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

やっぱり激レア!パライバ トルマリン

一部のルースに、宝石の化学組成を表示しました。

IMG_20180629_155317.jpg


ナトリウム、リチウム、アルミニウム、ホウ素・・・。
いろんな元素が、きっちりこの比率を保ってトルマリンの一種 エルバイトとなります。

さらに不純物として微量のCu(銅)Mn(マンガン)を含むことで、パライバトルマリンに。

その存在自体が奇跡みたいですよね。


強いネオンブルーのブラジル産の希少性は、さらに高まっています。



ぜひ今のうちにゲットして下さい。

5年後10年後 ゲットした喜びはさらに大きくなってることでしょう。


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]


posted by ジーロンド at 11:21| Comment(0) | パライバ・トルマリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

オンリーワン感を大切にしたい

高品質な宝石なら、18金やプラチナ 貴金属でセットされるのがふさわしい。
「ジェムクォリティ」という言葉があります。

それに対して、連やワイヤー、メッキ製品などでセットされる石は、不透明だったりやや低品質。
アクセサリークォリティと呼ばれます。

当店は、貴金属を扱ってるので、ジェムクォリティの「宝石」を品揃え。
かけがえのないオンリーワン感を大切にしています。

RIMG3649.JPG


しなやかなラインのデザイン。
最下部に繊細な色のピンクダイヤモンドをセット。

オンリーワン感ありますでしょ?




これまたスペシャルなジュエリー。
デザイン性も秀逸。
「家宝」として幾世代にも受け継いで頂けるお品です。

Pleasure & Treasure

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 13:50| Comment(0) | ピンクダイヤモンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

婚約指輪にカラーストーンはいかが?

レディー・ガガが婚約しました。

気になるのが、その婚約指輪。

IMG_20181104_094527.jpg


ネット上でも話題です。

パパラチャ サファイアだそうです。



ピンクとオレンジの中間色。

サンスクリット語で「蓮の花」という意味の稀産サファイア。


「美しさ」「希少性」「耐久性」を備えた宝石らしい宝石。

ジーロンドが得意とする宝石です。

オンリーワン感があって、きっと素敵な婚約指輪になりますよ。

     
「Pleasure & Treasure」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]




posted by ジーロンド at 12:26| Comment(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする