2017年07月12日

エピソードが楽しめる「世界一珍しい宝石」

1945年 アイルランドのターフェ伯爵が、スピネルの中から得体の知れない宝石を見つけます。

ロンドンの英国宝石学協会 教育部長だったB.W.アンダーソン博士が調べると、未知の宝石と判明。

発見者の名から、ターフェアイトと名づけられます。

2017_0625_103140-RIMG1940.JPG


1970年代までは、世界中にたったの4ピースしか確認されていませんでした。

「世界一珍しい宝石」としてギネスブックにも掲載されたのです。

当ジーロンドは、数万円台からとお手頃な価格で取りそろえておりますよ

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ターフェアイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

石の大きさが二倍になると、値段も二倍になるの?

ジュエリーユーザーの方の素朴な疑問かも知れません。

同じ品質の宝石1カラットと2カラットの値段の差は、二倍なのでしょうか?

2016_1208_130849-2013_0726_105419-DSC02139-thumbnail2.jpg


17世紀フランスに、ルイ14世のおかかえ宝石商だった人物がいました。

2017_0711_114032-RIMG2017.JPG
ジャン・バプチスト・タベルニエ(1605〜1689)


ヨーロッパの宝石商として、6度もインドへ旅をしました。

グレート・ムガル・ダイヤモンド、シャー・ダイヤモンド、フローレンティン・ダイヤモンド。
そして有名なホープ・ダイヤモンドなど、歴史に名を残す有名ダイヤモンドにも関わった人物。

この人物が伝えた宝石の大きさ(重さ)と値段の算定法は、次のようなものでした。

大きさが二倍になれば、その価値は2乗に比例する

彼の名をとってタベルニエ・ルールと呼ばれます。

確かに大きさが二倍になれば、希少価値は上がるので、ある意味 納得かも?

実際のジュエリー市場には、いろんな要素がからみあって来ます。
このルール通りにはなりません。

でも、豆知識として知っておいてもいいでしょう

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
 
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

長居植物園のハス

ちょうど見ごろを迎えた長居植物園のハス。

2017_0707_082952-RIMG1994.JPG


2017_0707_082818-RIMG1992.JPG


泥の中から立ち上がり、凛とした美しい花を咲かせています。

その気高い姿は、仏教で言う極楽浄土を象徴するのにふさわしい。

お寺の仏様の周りにも、たくさん装飾されています。

2017_0329_144620-RIMG1077.JPG
奈良 東大寺の大仏様


2017_0707_082624-RIMG1990.JPG


まん中の部分が、「蜂の巣」に似ることから、「ハス」と呼ぶようになったんですね。

2017_0707_090004-RIMG2009.JPG


2017_0707_085902-RIMG2007.JPG


心が癒された そんな朝でした

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
 
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | パパラチャ・サファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

本場ブラジル産の清々しいパライバトルマリン

この宝石は、1989年 ジュエリー業界にデビューしました

2016_0121_105929-DSC09205_240x175.JPG


すでにこの業界に入ってた私は、戸惑いながらお客様におススメした記憶があります。

パライバトルマリンの名称も、まだ定着してなかったかも?

ネオントルマリンって呼ぶ人もいたんです。

2016_0305_102648-DSC09392_240x179.JPG


うっとうしい梅雨空とは違う 鮮やかなブルーには、心が洗われる気がしますね

シンプルイズベスト!なこのデザインだと、意外にお手頃価格♪

掲載したジュエリー製作例のページも、ぜひご覧下さいますよう


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | パライバ・トルマリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

ダイヤモンドのカラーは何が原因なの?

「ダイヤモンドは、炭素から成っている」のは、当ブログ読者の方はご存知でしょう。

1カラットのダイヤモンドには、なんと!「96億×1兆」個の炭素原子が整然と配列されてるそうです

2016_1208_130849-2013_0726_105419-DSC02139-thumbnail2.jpg


ところがまれに、炭素の配列にイレギュラーが生じます。

炭素原子100万個に対して、10〜5500個の窒素原子が混じると・・・。

2016_1124_102828-RIMG0463.JPG


そう、イエロー・ダイヤモンドに。

また、取りこまれた窒素原子の隣の炭素原子が欠けると・・・。

2017_0703_104622-RIMG1970.JPG


さらに珍しいピンク・ダイヤモンドに。

そして、炭素原子1億個中に5個以下のホウ素原子が取りこまれると・・・。

2016_1122_102716-RIMG0447.JPG


そう、激レアなブルー・ダイヤモンドになるんですって。

地下150〜200kmの深さ、5万気圧、1300℃の高温で生成されるダイヤモンド。

研究者たちは、「地球深部からの手紙」と呼ぶんだとか

「見たことのない宝石がいっぱい!」
地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
 
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ピンクダイヤモンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

お客様の声 メンズジュエリー編

男性のお客様からのVOICEをご紹介します♪

「ホームページを拝見し最初の訪問から、もう3年が過ぎました。

グリーン・ジルコンのルースから、18金でメンズリングを作ってもらったんです。

18金の銀の配分を多くして仕上がったリングは、想像以上の仕上がりで、すごく感激いたしました。
仕事を終えて、プライベートな時間になると愛用しています。
(仕事中は、これまた作って頂いたデマントイド・ガーネットのタイピンが活躍です!)

2014_1116_115701-DSC06941.JPG
T.Mさん父子(神戸市灘区)


子供を連れてお邪魔しても、奥様の気配りで決して退屈することはありません。
これからも色んな宝石を、見せて楽しませて下さい。」

              *     *     *

T.M様 たびたび足を運んで頂き、ありがとうございます!

このメンズジュエリーも、きっと将来 世代世代に受け継がれて欲しいと願って止みません。

ところでM君の喜びそうな、このポスターは、入手出来たのでしょうか?✌

2015_0214_184722-DSC07520.JPG




地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

雑学「ルビをふる」の由来

あるお客様は、ご自宅で飼ってらっしゃる熱帯魚に、ルビーという名前を付けたそうです。

「ルビちゃん」っていつも声をかけてるのだそう。

そこで私が、「ルビをふるって言葉ありますよね。あれ、実は宝石のルビーの事なんですよ。」

そう、難しい漢字の横や上に、小さなふりがなを付ける、アレです。

お客様は、ご存じなかったようでビックリされたご様子でした。

2015_0606_111011-DSC08159.JPG


かつてのイギリスの印刷業界では、活字の大きさを示す”ポイント”をジュエリー用語で表してたんです。

すなわち・・・
       3.5ポイント=brilliant(ブリリアント)

         4ポイント=gem(宝石)

         5ポイント=pearl(真珠)

       5.5ポイント=ruby(ルビー)

         6ポイント=nonpareil(絶品)

       6.5ポイント=emerald(エメラルド)

役所の文書は、規定で10.5ポイントと定められました。

それに対応する小さなふりがなの活字の大きさが5.5ポイント、つまりルビーってワケ。

なかなか面白い雑学でしょ

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 無処理ルビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

小さな宝石テーマパーク

梅雨入りして二週間ほどは、晴天続き

このところ ようやく梅雨らしいお天気になりました

2017_0626_160754-RIMG1944.JPG


またまたお客様からアジサイを頂きました。
いつもありがとうございます<(_ _)>

「うっとうしい」と語られがちなこの時期。
アジサイの存在は、私たちの目と心を癒してくれます。

宝石、ジュエリーという存在も、同じような役割を果たしてくれます

2014_1224_144525-DSC07194-thumbnail2.JPG
母岩付き宝石原石 非売品です♪



2017_0626_162604-RIMG1945.JPG


「小さな宝石テーマパーク」ジーロンドで、あなたも梅雨を忘れてみませんか?

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
 
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

薄幸の少女が大女優になった話

1844年 彼女は、私生児としてパリで生まれました。

少女時代も決して幸せな暮らしぶりではありませんでした。

やがて思春期の頃から、舞台女優を目指して演劇の世界に身を投じます。

サラ・ベルナールyjimage.jpg


デビューしたての頃 最初のファンが、彼女にある宝石をプレゼントをします。

その宝石の色のゆらめきに感動した彼女は、確信します。

「この宝石が、きっと私を大女優へと導いてくれるに違いない!」

やがて彼女は、ベルエポックを代表する大女優 サラ・ベルナールとして世に出ました。

サラ ジスモンダ220px-Alfons_Mucha_-_1894_-_Gismonda.jpg


当時まだ無名だった画家 アルフォンス・ミュシャは、彼女をモデルに絵を描きこれまた世に出ます。

サラ オパールyjimage.jpg


アルフォンス・ミュシャのデザインとジョルジュ・フーケ製作になるスネーク・バングル。

舞台でクレオパトラを演じるサラ・ベルナールのために製作されたジュエリーです。


さて、彼女をここまで導いた宝石は、何だったのでしょう?

1_105816-DSC09497-thumb-240x240-921.jpg


更新したホームページに掲載したので、あわせてご覧下さいませ🎵🎵

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | オパール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

謎のスポット ひさしぶり柴田

当店 町会は、昭和48年まで存在した町名 久左衛門町の所属になります。

ひとつ南 道頓堀川を渡った九郎衛門町町会に、謎のスポットがあるのです。 

ひさ柴田IMG_20140619_144203230.jpg


芝生の上に、ドラキュラのマスクが二体。

毎日 その配置は、変わります。

遊び心がありますね。 

久しぶり柴田 コケIMG_20140306_131732210.jpg


風の強い日は、コケてたりなんかして・・・・。


表札を見ると、「ひさしぶり柴田」。

Yahoo!知恵袋などのネット上でも、プチ話題になってました(笑) 

ひさしぶりIMG_20140509_165655189.jpg


ここ最近は、タイガーマスクとゴジラと、よりヴェリエーション豊かに。

そこで私、その謎を探るべく、お隣のいこい寿司さんを初訪問してみる事にしました。

2014_0508_193643-DSC05275.JPG


女将さんの話によると、今は住宅で 住んでらっしゃる方がいらっしゃるとの事。

そして、かつては同窓会などのパーティスペースだったそうです。

なるほど、言われてみると、芝生があったりで屋号もそれらしい。

個人情報の扱いが厳しくなった際に、お商売を辞められたんですって。


美味しいお寿司とお酒を頂きながら、ある種の達成感を感じました(笑)

[ここに地図が表示されます]


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp

posted by ジーロンド at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする